プリンスの未発表音源「Piano & A Microphone 1983」が9/21にリリース

以前”プリンスの未発表曲集が9月にリリース予定。”と書いてました。

出るなら誕生日の今日だろう!、それで未発表ならNothing Compares 2 Uの反応見て80年代の未発表音源集と思っていたら、「Piano & A Microphone 1983」というピアノの未発表アルバムが9月21日にリリースされるそうです。

収録曲は以下の通り。

 Track List

  1. 17 Days (Piano & A Microphone 1983 Version)
  2. Purple Rain (Piano & A Microphone 1983 Version)
  3. A Case Of You (Piano & A Microphone 1983 Version)
  4. Mary Don’t You Weep (Piano & A Microphone 1983 Version)
  5. Strange Relationship (Piano & A Microphone 1983 Version)
  6. International Lover (Piano & A Microphone 1983 Version)
  7. Wednesday (Piano & A Microphone 1983 Version)
  8. Cold Coffee & Cocaine (Piano & A Microphone 1983 Version)
  9. Why The Butterflies (Piano & A Microphone 1983 Version)

 

プリンス財団とワーナーブラザーズ・レコードは、アルバム『ピアノ&ア・マイクロフォン 1983』の発売をプリンスの60回目の誕生日である本日6月7日に発表。アルバムは9月21日発売。 | Warner Music Life

ワーナーによれば’83年に自宅スタジオでカセットにレコーディングしたピアノ弾き語り音源だそうです。

Youtubeに’Mary Don’t You Weep’がアップされました。

現時点ではデジタル盤のみの予約ですが、フィジカル作品としてはCD、LP(輸入盤のみ)、デラックス・エディションでリリースされるそうです。

どの曲も発表される前のデモ状態、これが後にああなるんだ・・・と想像しながら聴けるとは嬉しいですね。
オリジナルはもちろんOne Nite Alone…ピアノではお馴染みジョニ・ミッチェルの“A Case Of You”もありますね。

90年代中期から後期によくライブでやってた、“Mary Don’t You Weep”は8月に公開予定のスパイク・リー監督映画『BlacKkKlansman(原題)』のエンド・クレジットで使用されるそうです。

嬉しい情報だけど、2016年当時の”Piano & A Microphoneのライブ盤を作る”って噂になってたのってコッチなのかな?

↓2016年4月18日に書いたブログ

年代は明記してないけど当然2016年だったハズなんですけど、この頃既にワーナーとの関係は良好と言えなかったから出せないのかな?
まぁ2016年版が出たとしても直近ライブなんて悲しくて聴けないしな…(´・ω・`)

パッケージは2種類

商品は下の通常版に加え、上のCD+LP+当時のエンジニアだったドン・バッツによるライナーノーツと写真を収めた12インチ・サイズのブックレット付きのデラックス盤の2種類あります。

 

先行公開

iTunesとamazonのデジタル版は予約特典で”Mary Don’t You Weep”が聴けます

【追記】一夜明けて・・・

情報が出てスグはリリースしてくれる事の喜びの方が強かったけど、今は落胆の方が大きくなりました。

プリンスの音源を管理してるエステートはペイズリー・パークの保管状態が悪いという理由で場所を移し、クリーニング作業をし”凄い音源が色々見つかりました”と発表・・・で第一弾がコレですか。

”アルバム”ではなく”デモ音源集”ですよね。
もしコレを出すなら1983年頃のライブ盤の2枚目のボーナス扱いで十分なんですけどね。

まるで倉庫の古い順から整理して、最初にクリーニングしたのを出します感を感じます。
先入れ先出しじゃなくていいんだよ…

プリンスは以前インタビューで”アルバム”として完成させてる状態のが数十枚あると話してました。
意思を尊重するなら、せめてそこから手をつけて欲しかった。

仮に上に書いた様に2016年時点でワーナーと再び縁が切れてたから出せないのであれば、交渉してもっと納得出来る”アルバム”をリリースして欲しいです。

きっとワーナーさんも大手を振って出したいアイテムじゃないと思う。
全てはエステートが”これをまず出してくれ”と言ってるんでしょうね・・・うーん・・・でも”ワーナーGJ”という交渉を是非頑張ってもらいたい。

 

もちろんこのアルバム(?)は買います。
間違いなくデラックス盤を買います。
けど大喜びでは買いません。

 

2018-06-07NewsNEWS(Prince), unreleace

Posted by KID