シェルビー・Jが「10」をリリース

先日プリンスを支えたNPGのバック・ヴォーカリスト、シェルビー・Jがついにアルバム「10」を発表しました!
2月の時点で4月にペイズリー・パークで開催される「Celebration 2017」頃までにはアナウンスをするって言ってたので予定通りですね(‘-‘)

アルバム情報

曲リスト

  1. Moved On (2:42)
  2. What This Feels Like (3:50)
  3. Good 2 Know (4:00)
  4. Safari (3:00)
  5. My Truth (Interlude 1) (0:39)
  6. Day in the Sun (3:38)
  7. Run (4:05)
  8. Who U R (2:49)
  9. My Promise (Interlude 2) (1:12)
  10. It’s My Time (3:03)
  11. I Am Yours (2:28)
  12. My Thank U (Interlude 3) (1:41)
  13. Superpower (4:57)

シェルビー・Jについて

2月にリリースされた先行シングルGood 2 Knowの時にも紹介しましたが、改めて彼女のキャリアをご紹介。

シェルビー・J.ことシェルヴィー・ジョンソンは90年代後半から活躍、D’ Angeloのライブ・バンド“The Soultronics”ロイ・ハーグローブのプロジェクト“RH Factor”の「Hard Groove」でヴォーカルを任せられる等、着実にキャリア・アップ。
(シェルヴィーJが正しい?)

’06年頃、女性バック・ヴォーカルを強化する為にマヤ&ナンディ・マクリーン姉妹のTWINZ、復帰したマーヴァ・キングと共にに加入。
アルバムとしてははTWINZ同様Planet Earthから参加しました(‘-‘)

彼女のパワフルなヴォーカルをプリンスは大変気に入っていて、ライブでは彼女がメインで歌うパートを用意されたりと寵愛を受けていて、一番長く愛されたバック・ヴォーカリストです。

これまでアンソニー・ハミルトン(Anthony Hamilton)とデュエットしたNorth Carolina、そして冒頭で紹介した“Good 2 Know”とシングルばかりでしたが、遂にフル・アルバムがリリースされました(‘-‘)

アルバムについて

現時点で詳しいクレジットが判らないけれど、Good 2 KnowにはNPG Hornzのサックス・プレイヤーで先日アルバム「Leap」をリリースしたエイドリアン・クラッチフィールドが参加しています。

楽曲はミドル・テンポのラヴ・ソングで時期的にもバレンタインデーに合わせた感じですね。

現時点で判ってるコンポーザーは

  • Jahmel Belle (1)
  • Imani Pressley (2,10)
  • Monica Joyce McKnight (3,4)
  • Jonathan Hansen (5,8)
  • Shelby M Johnson (6,9,11,12)
  • Carter Mclean (7)
  • Denitia Odigie (13)

今聴きながら書いてますが、全体的にしっとりとした楽曲が多いです(‘-‘)
更に詳しいクレジットとかが判ったら追記します!

 

【オマケ】

2月に行われたインタビュー動画