Leap / Adrian Crutchfield (’17)

エイドリアン・クラッチフィールド / リープ

アルバム情報

Released:2017/1/12 | Label: Adrian Crutchfield

Track List

  1. Intro (1:36)
  2. Leap (4:11)
  3. Mr. Right (3:46)
  4. Can’t Let You Go (3:58)
  5. Decepticon (3:56)
  6. Let Me Know (4:03)
  7. Morning After (4:06)
  8. Now I See (3:26)
  9. Slow Down (Intro) (0:39)
  10. Slow Down (for Prince) (4:36)
  11. Sorry (3:37)
  12. Can You Stand the Rain (3:51)
  13. Purity (4:09)
  14. Interview (1:33)
  15. Give Love (Now and Then) (4:39)

Personnel

Produce, Arranged, Composed

  • Adrian Crutchfield

Additional Musician

  • Adrian Crutchfield (Voocal all songs, Alto Sax, Keyboords, Keybass, Drum Prg)
  • Chris Turner (Voocal) (3, 6, 12) (Keyboords) (15)
  • Joe Priester (Voocal) (3)
  • Katera Anderson (Voocal) (11)
  • Antonio “Lelo" Bowers (Voocal) (12)
  • Charles Jones (Voocal) (15)
  • Jason And Jyaer Gonzoles (Voocal) (14)
  • William Washington (aka. B.A.) (Rap) (14) (Vocal) (15)
  • Matt Edwards (Keyboords) (2, 5) (Drum Prg)
  • Evan Brice (Keyboords) (3, 4)
  • CJ Thompson (Keyboords) (3, 4) (Drums) (15)
  • Kenneth Leonard (Keyboords) (5)
  • Jay Reese (Keyboords) (7)
  • Jonny Gung (Guitars) (all)
  • Carmelo Smith (Guitars) (3, 4)
  • Tarik Akune (Guitars) (7)
  • Chris James (Guitars) (10)
  • Koknosh Lismon (Bass) (13)
  • Danny Rodrigues (Bass) (13)
  • Kenny Leonars (Keybass)
  • Chris Kee (Drums) (15)
  • Daniel Rodriguez Jr (Drums) (12, 13)
  • Ashanti Floyd (Violin)
  • Marcus Anderson (Alto & Tenor Sax)
  • Marcus Jones (Tenor Sax)
  • Paul Fisher (Bari Sax)
  • Lucas Hulett (Tromone)
  • Eleazar Shafer (Trumpet)

アルバム・レビュー

’16年1月モノネオン、カーク・ジョンソン、そしてプリンスの4人でシングルRuff Enuffをリリース、プリンス達と一緒にモノネオンのアルバム製作に取り掛かると思われていた矢先4月の悲しみが訪れてしまいました…

失意の中プリンス・ファミリーもそれぞれ活動、エイドリアンは10年振りのソロ・アルバムをリリースしました。
今回もセルフ・プロデュースで客演にはNPGホーンズで特に仲が良いマーカス・アンダーソンが参加しています。(同年リリースされたマーカスのアルバムにお礼で参加)

前作同様エイドリアンの語りの後、乗っていた飛行機からパラシュートで飛び降りる演出の入った“Intro"からスタート。
どこか日本のT-SQUARE辺りを連想させる疾走感のあるフュージョン・サウンドのタイトル・トラック“Leap"、重めのビートをバックにピアノとサックスとヴォーカルが交差していく“Can’t Let You Go"、エイドリアン自身大好きなケニーGを思わせる“Morning After"と王道をやったかと思うとオートチューンを使ったダンス・ナンンバーの“Decepticon"や、バイオリンがサックスデュエットしている様な“Can You Stand the Rain"みたいな遊びもチラチラ入れてくる辺りが素敵です。

Promo Video