LIVE / The Truth (’08)

ザ・トゥルース / ライヴ

アルバム情報

Released:2008/3/31 | Label: MidAmerica

Track List

  1. One Nation Under A Groove (6:20)
  2. Fire (4:20)
  3. Soul Power (6:39)
  4. River Run Dry (1:40)
  5. The Screams Of Passion (4:33) P
  6. Nothing Compares 2 U (5:17) P
  7. High Fashion (5:45) P
  8. Mutiny (5:35) P
  9. Jungle Love (3:57) P
  10. Ten (7:50) P
  11. She’s Strange (7:07)
  12. D.M.S.R. (7:10) P
  13. Erotic City (5:07) P
  14. America (4:52) P

Personnel

Produce, Arranged

  • St. Paul (a.k.a. Paul Peterson)
  • The Truth

Written

  • George Clinton, Walter Morrison, Garry Shider (1)
  • James “Diamond” Williams, Clarence “Satch” Satchell, Ohio Players, Ralph “Pee Wee” Middlebrooks, Marshall “Rock” Jones, Leroy “Sugarfoot” Bonner & Billy Beck (2)
  • James Brown (3)
  • Bobby Z. (4)
  • Prince (credited St. Paul Peterson & Susannah Melvoin) (5)
  • Prince (6, 9, 12, 13, 14)
  • Prince (credited Jerome Benton & St. Paul Peterson) (7)
  • Prince (credited Jerome Benton) (8)
  • Prince, Eric Leeds, Levi Seacer, Jr., Sheila E. (credited Madhouse) (10)
  • Tomi Jenkins, Nathan Leftenant, Charles Singleton & Larry Blackmon (11)

Musician

  • Paul ‘St. Paul’ Peterson (lead vocals, bass, keyboards, backing vocals)
  • Jerry Hubbard (lead vocals, bass, guitar, backing vocals)
  • Chance Howard (lead vocals, bass, synthesizer, keyboards, backing vocals)
  • Kirk Johnson (lead vocals, drums, backing vocals)
  • Jellybean Johnson (guitar,backing vocals)
  • Eric Leeds (saxophone, keyboards)
  • Homer O’ Dell (guitar, backing vocals)
  • Donnie La Marca (keyboards)

アルバム・レビュー

’04年に1枚だけリリースされたミネアポリスで活躍してるアーティストによるスーパー・バンドThe Minneapolis Allstarsのライブ盤がリリースされて3年半。
The FamilyのSTポール・ピーターソンエリック・リーズジェリービーン・ジョンソンを主軸に再編成されて結成された”The Truth”のライブ盤です。
メンバーにはザ・タイムで一緒だったジェリー・ハーバードの他、元NPGのカーク・ジョンソン、STポールのソロに参加していたドニー、ミント・コンディションのホマー・オデール等が参加しています。

ファンカデリックの“One Nation Under A Groove”、オハイオ・プレイヤーズの“Fire”で客を盛り上げJBの“Soul Power”と前半3曲のカヴァーも良いですが本番は4曲目から。
The Family」から続けて5曲からザ・タイムのJungle Love、そしてマッドハウスの“Ten”の流れはカッコイイとしか言いようがないです。
出来ればこの時点でパートナーのスザンナがヴォーカルでいたらもっと良かったんでしょうね。

そして終盤はキャメオの”She’s Strange”からプリンスの名曲の3曲、直系のアーティストがプリンスのカヴァーをしCDとしてリリースするのは非常に珍しいと思います。

このアルバムを含めライブでの反応が後のfDELUXEに続いたと思うと感慨深い1枚です。

2018-05-18Related Artists'00s, Covers, The Family

Posted by KID