Sue Ann / Sue Ann (’81)

スー・アン / スー・アン

アルバム情報

Released:1981 | Label: Warner Bros.

Track List

  1. Let Me Let You Rock Me (4:35)
  2. I Wanna Be The One (4:10)
  3. Company (4:20)
  4. Close Dance (3:44)
  5. Really Not That Ready (3:16)
  6. My Baby, My (4:18)
  7. Don’t Treat Me Like A Fool (3:51)
  8. Sweet Talk (3:59)
  9. Heartdreams (3:35)
  10. Don’t Throw It All Away (3:43)

Personnel

Produce

  • Pete Bellotte

Written

  • Sue Ann Carwell
    Jesse Johnson, David Cochrane, Sue Ann Carwell (3)
  • Pete Bellotte (1, 2, 4-10)
  • Jesse Johnson (6, 8)
  • Sly Stone (7)
  • Jesse Johnson, Ta Mara (9)
  • Jesse Johnson, Craig Freels, Keith Lewis (10)

Additional Musician

  • Marlow Henderson (guitar) (3)
  • Marty Walsh (guitar)
  • Paul M. Jackson Jr. (guitar)
  • Abraham Laboriel (bass)
  • Nathan East (bass)
  • Keith Forsey (drums)
  • Roger Hunyak (drums)
  • Sylvester Levay (keyboards, arranged)
  • Paulinho Da Costa (percussion)
  • Gary Herbig (saxophone)
  • Julia Tillman Waters (backing vocals)
  • Maxine Willard Waters (backing vocals)
  • Stephanie Spruill (backing vocals)

アルバム・レビュー

若い頃プリンスやモーリス・ディ達と親交のあったスー・アン、プリンスのデビューから遅れる事3年、プリンスと同じくワーナーに売り込んだオーウェン・ハスニーの協力を得てデビューを果たします。

プロデューサーにはジョルジオ・モロダーと共にドナ・サマーを手掛けた事で有名なピート・ベロッテを起用。
満を持して“Let Me Let You Rock Me (恋のチック・タック)"でデビューするも、"ドナ・サマーの様なキラキラ・サウンド"と”プリンスがデビューしたミネアポリス発の女性シンガー”と二番煎じ的な売り込み方が裏目に出てしまいました。

逆にその看板を知らない状態で聴けば、伸びのあるヴォーカルとエッジの効いたギター&シンセ・サウンドが魅力的な“I Wanna Be The One"や、憂いのあるバラードの“Company"“Sweet Talk"等、良い曲が多いです。そういう意味ではアートワークとのギャップも含め完全に戦略ミスでした。

ちなみにシングルLet Me Let You Rock Me (恋のチック・タック)のB面に収録された“Make It Through The Storm (嵐をこえて)"はプリンスとクリス・ムーンの共作で、見事に当時のプリンス・サウンドが全面に香る1曲。
これがアルバムに収録&シングル・カットされていれば結果は違う事になっていたかもしれませんね。