Mazarati / Mazarati (’86)

マザラティ / マザラティ

アルバム情報

Released:1986/3/4 | Label: Paisley Park Records, Warner Bros.

Track List

  1. Player’s Ball (4:37)
  2. Lonely Girl On Bourbon Street (4:41)
  3. 100 MPH (7:18) P
  4. She’s Just That Kind Of Lady (3:40)
  5. Stroke (4:31)
  6. Suzy (4:24)
  7. Strawberry Lover (5:24) P
  8. I Guess It’s All Over (4:49) P

Personnel

Produce

  • Prince, Brownmark (3)
  • Brownmark
  • David Z. (co-produce)

Written

  • Prince (3)
  • Brownmark, Prince (7,8)

Member

  • Sir Casey Terry (lead vocals)
  • Craig “Screamer” Powell (lead guitar, backing vocals)
  • Tony Christian (rhythm guitar, Keyboards, backing vocals)
  • Jerome “Romeo” Cox [aka Romeo Woodson] (Bass, backing vocals)
  • Marr Starr [aka One Gunn, Real Name : Marvin Gunn] (Keyboards, backing vocals)
  • Aaron Paul “Ace” Keith [aka Aaron Keith] (Keyboards, backing vocals)
  • Kevin Patrick (Drums, Percussion)

Additional Musician

  • Prince (instruments) (3)
  • Kevin “Blondie” Patricks (drums, percussion) (7, 8)
  • Jill Jones (vocals) (7,8)
  • Prince (guitar) (8)

アルバム・レビュー

ザ・ファミリーシーラ・Eに続くペイズリー・パーク・レコード第4弾(1番はAround The World In A Day)アーティストとしてお披露目されました。

ブラウンマークのプロデュースで結成されたバンドで、ボビー・Zの兄デヴィッド・Zが補佐として参加、プリンスも3曲ソングライトで参加しています。

デビュー・シングルの”Player’s Ball”は当時のミネアポリス・サウンドをモロに踏襲したサウンドとブラウンマークらしいベースの効いた1曲で、2ndシングルはプリンスが提供した“100 MPH”でこちらもエッジの効いたサウンドが魅力的な1曲です。

この“100 MPH”は曰く付きで、本来マザラティに提供されるのは“KISS”でしたがプリンスが気に入ってしまい手元に残し、代わりに渡されたのが”100 MPH”でした。
彼らが歌うバージョンはオフィシャルでリリースされませんでしたが名残(?)としてKISSには彼らの名前がクレジットされています。
(もう1曲“Jerk Out”も提供しましたがボツとなりザ・タイムのPandemoniumで復活)

他にも唸るベースがファンキーな“She’s Just That Kind Of Lady”やブラウンマークとプリンスの共作によるゴージャス感のある“Strawberry Lover”等も良かったんですが、ビジュアル系な見た目とのギャップが受け入れられなかったのか思った程の成果を出すことが出来ませんでした。

Music Video

Mazarati版KISS

もしプリンスが思い止まらず”KISS”がマザラティでのみリリースされてたらまた展開が変わってたかもですね…