Things Left Unsaid / Eric Leeds (’93)

エリック・リーズ / シングス・レフト・アンセッド

アルバム情報

Released:1993/2/23 | Label: Paisley Park Records, Warner Bros.

Track List

  1. Isla Mujeres (6:05)
  2. Two Sisters (7:28)
  3. Things Left Unsaid (6:57)
  4. Aguadilla (6:38) P
  5. Woman In Chains (5:45)
  6. Times Gift (4:09)
  7. Yaounde (5:46)
  8. Soldier’s Things (4:32)
  9. Commuting (5:42)

Personnel

Produce, Arranged, Composed

  • Eric Leeds, Gil Goldstein
  • Matt Pierson (co producer)
  • Alan Leeds (executive producer)
  • Prince, Eric Leeds (Composed) (4)

Written

  • Eric Leeds
  • Roland Orzabal (Tears For Fears) (5)
  • Tom Waits (8)

Musician

  • Ricky Peterson (piano) (4)
  • Alphonso Johnson (bass) (1, 9)
  • Conrad Herwig (Trombone) (1)
  • Brian Lynch (Trumpet, Flugelhorn) (1)
  • Charlie Sepulveda (Trumpet, Flugelhorn) (1)
  • Chuck Loeb (guitar) (1, 6)
  • David Budway (piano) (1, 2, 6, 8, 9)
  • Richard Martinez (synthesizer) (1, 2, 9)
  • Alejandro Acuna (drums, timbales, congas, percussion) (1, 2, 3, 6, 7, 8, 9)
  • Mino Cinelu (percussion) (2)
  • Gil Goldstein (synthesizer) (2, 5, 6, 9)
  • Larry Fratangelo (percussion, congas, timbales) (3, 4, 5)
  • Christopher Walker (bass) (3, 4, 5)
  • Dennis Chambers (drums) (4, 5)
  • Lyndon Achee (steel drums) (4)
  • Conrad Herwig (trombone) (4)
  • Brian Lynch (trumpet) (4)
  • Charlie Sepulveda (trumpet) (4)
  • Jeffrey Mirinov (guitar) (5)
  • Jimi Tunnel (guitar synthesizer) (5)
  • Porter Carroll, Sharon Bryant, Sherilyn Huffman, Vanesse Thomas (vocal) (5)
  • Paul Socolow (bass) (6)
  • Alphonso Johnson (chapman stick) (7, 8)
  • Mino Cinelu (vocals,percussion) (7)

アルバム・レビュー

前作「Times Squared」から2年振りにリリースされた本作。
プロデューサーにはエリック本人に加え、アメリカのジャズ・ピアニスト、ギル・ゴールドスタインが参加。
今作ではプリンスは1曲のみ作曲で参加(共作)だけ、参加ミュージシャンも目立つのはプリンスのアルバムに参加しているリッキー・ピーターソンだけで、ベーシストのアルフォンソ・ジョンソンや元アトランティック・スターのシャロン・ブライアント等、独り立ち状態になった作品になっています。

控えめなコンガのイントロに乗せてスパニッシュ・テイストに溢れた穏やかなサウンドが心地良い“Isla Mujeres”、アルフォンソ・ジョンソンの作曲によるジャズ・ファンクの“Two Sisters”、一転してしっとりと哀愁ある雰囲気を醸し出すタイトル・トラックの“Things Left Unsaid”、本作で唯一プリンスが作曲に関わった“Aguadilla”は後の“Xpectation”を連想させる作風です。
異色なのはティアーズ・フォー・フィアーズの“Woman in Chains”とトム・ウエイツの“Soldier’s Things”のカヴァー。
どちらもアルバムのバランスの中では問題ないのですが“Woman in Chains”はオリジナルが耳馴染み過ぎてチョット抵抗がありました。

この作品で改めて作曲家としての才能が光るアーティストだというのを実感出来ると思います。

2018-05-17Related Artists'90s, P-Writer, Paisley Park, The Family

Posted by KID