Times Squared / Eric Leeds (’91)

エリック・リーズ / タイム・スクエアード

アルバム情報

Released:1991/2/19 | Label: Paisley Park Records, Warner Bros.

Track List

  1. Lines (6:30)
  2. Andorra (3:31) P
  3. Night Owl (4:00) P
  4. Overnight, Every Night (4:10) P
  5. Cape Horn (4:10) P
  6. Little Rock (3:41) P
  7. Easy Does It (2:22) P
  8. The Dopamine Rush (7:36) P
  9. Kenya (2:40) P
  10. Times Squared (5:44) P
  11. Once Upon A Time (7:19) P

Personnel

Produce, Arranged, Composed

  • Eric Leeds (1-7,9)
  • Prince (8,10)
  • Alan Leeds (executive producer)

Written

  • Prince (5,8)
  • Eric Leeds (9)
  • Prince and Eric Leeds (6,7,10,11)
  • Prince, Eric Leeds, Levi Seacer, Jr.  and Sheila E. (2,3,4)
  • Eric Leeds, Matt Blistan (1)

Musician

  • Eric Leeds (tenor, baritone, alto sax, flute,  keyboard, percussion, drum progrmming)
  • Prince (all other instruments) (3, 4, 5, 6-11)
  • Atlanta Bliss(Matt Blistan) (trumpets) (2-4, 7, 9, 11)
  • Ricky Peterson (piano,synthesizer) (2, 11)
  • Levi Seacer,Jr. (bass) (2, 3, 4, 5, 11)
  • Sheila E. (drums,congas) (2, 3, 4, 5)
  • Larry Fratangelo (congas, timbales, cuica, percussion, talking drum) (2, 3, 5-7, 9, 11)
  • H.B.Bennett (drum samples) (1)
  • Mathilda May (voice) (8)
  • Clare Fischer (string arrangement) (8)

アルバム・レビュー

長年プリンスをサポートした功績を労う形で’91年にペイズリー・パークから無事デビュー・アルバムをリリースします。
参加メンバーはリッキー・ピーターソンアトランタ・ブリスリーヴァイ・シーザー,Jr.シーラ・Eプリンスで、アレンジにはクレア・フィッシャーと豪華!
アトランタ・ブリスとかが参加している感じからすると、リリースこそ’91年ですが「Lovesexy」頃位から制作していたのではないかと思われます。

ドラマティックなイントロでハートをグッっと掴んでくる“Lines”を筆頭に、ラリーのコンガやリッキーPのピアノも印象的なジャズ・ファンクの“Andorra”からプリンスがシンセで参加している“Night Owl”への流れ方はとても好きです。
スタンダード・ジャズ風のボーナス・トラック“Overnight, Every Night”や、プリンスがコンポーズドを担当したカリビアンっぽい“Cape Horn”“Easy Does It”
本来はMadhouseの「24」用に制作されたと言われているクレア・フィッシャーらしいアレンジが素敵な“The Dopamine Rush”、プリンスとエリクの2人で仕上げたプリンス印のジャズ・ファンク・ナンバーでタイトル・トラックの“Times Squared”等、秀逸な曲が多いです。

冒頭にも書きましたがエリックの良さはプレイヤーとしてもさる事ながら、アレンジャーとしてのセンスの良さではないでしょうか。
このアルバムを聴いた後でプリンスの作品を含め彼の関わったプロジェクトのアルバムを聴くと、その良さがさらに判ると思います。

Music Video