ペイズリー・パークにプリンスのシンボルマークのモニュメントを設置

現地時間7月30日、ミネアポリスのペイズリー・パーク・スタジオにプリンスのシンボルマーク(Love Symbol)のモニュメントが設置されました。

Love Symbol

日の差し方によっては日陰にもシンボルマークが映るみたいです。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Always one for unexpected surprises… 💜✨

Paisley Park(@officialpaisleypark)がシェアした投稿 –

台座との先端部分がちょっと心配にも見えますがinstagramのストーリーで設置の様子を公開。真ん中に鉄骨の芯棒が入ってるので大丈夫そうですね。

前日の台座部分の設営風景をアップ、設置場所は正面入口付近ですね。

台座には”Paisley Park”の歌詞とメッセージ

台座には“Paisley Park”(「Around The World In A Day」収録)のサビ部が刻まれています。

For love is the color
This place imparts (Paisley Park)
Admission is easy, just say you
Believe and come to this
Place in your heart
Paisley Park is in your heart

その下にはプリンスの功績が刻まれています。

Born in Minneapolis to humble beginnings, Prince Rogers Nelson embodied the journey from child prodigy to international superstar.
Prince’s musical prowess, iconic style, and zest for life secured his legacy as a cultural icon.
With a career spanning over four decades, Prince’s unparalleled talents, innovation, leadership, and defiance changed the business of entertainment in ways that will be observed for years to come.
Paisley Park is more than a place–it’s a love story that chronicles Prince’s musical journey, his style evolution, diligence, free-spirited creativity, and culture, that now serves as the cornerstone of his legacy.

Welcome 2 Paisley Park.

翻訳下手なんでざっくりですが…

ミネアポリスの決して裕福ではない家庭にで生まれたプリンス・ロジャース・ネルソンは、幼少期から才能を活かし世界的なスーパースターへの道のりを体現しました。
プリンスの音楽的才能、象徴的なスタイル、そして人生への熱意は、文化的象徴として多くの遺産を残しました。
40年以上にわたるキャリアの中で、プリンスの比類なき才能、革新性、リーダーシップ、そして反抗心は、何年にも渡りエンターテイメント・ビジネスを変えていきました。
ペイズリーパークは単なる場所ではありません。プリンスの音楽の旅を描いたラブストーリー、スタイルの進化、精進、自由奔放な創造性、そして文化、それは今では彼の遺産の礎となっています。

といった事が書かれています。

個人的にはなるべく当時のまま残して欲しいって気持ちがあるんですが、冒頭のtweetに書かれてる様に営業時間中に無料で撮影出来るこのモニュメントをインスタ映えスポットにし、お客を呼び込もうという意図もあるんでしょうね。