ミシェル・ンデゲオチェロが2月15日にペイズリーパーク・スタジオでライブを開催

Paisley Parkによれば、2020年2月15日にペイズリー・パーク・スタジオにてミシェル・ンデゲオチェロがライブを行うそうです。

ライブについて

Musicology 2020, Real Music by Real Musicians.
Join us in the Soundstage Saturday, February 15th for a special performance by visionary vocalist, songwriter, and bassist Meshell Ndegeocello in ”Prince Reimagined.”

Paisley Park

”Prince Reimagined.”というタイトルなので、単なるカヴァーだけなくミシェル・ンデゲオチェロ独自の解釈でプリンスを再考したライブになるそうです。

The series is entitled “Musicology: Real Music by Real Musicians.” Ndegeocello’s program, “Reimagining Prince,” will include some of his songs, music inspired by the Purple One and other material.

startribune

 

もしかすると”Musicology 2020”というタイトルで今後もリアル・ミュージシャンがライブを行うって企画かもしれないです。
ファンの方に教えていただいた↓の”startribune.com”情報によれば、シリーズ化だそうです😃

チケットは駐車場と予約席付きのVIPチケットが$75、シャトルバスで送迎されるGAチケットが$60です。(発売は米中部標準時で1月13日午前8時)

プリンスとミシェル・ンデゲオチェロ

ミシェル・ンデゲオチェロは’96年にプリンスやキャスリーン・ダイソン、エリック・リーズ達と一緒にベーシストとして共演しレコーディングするも発表されず、同曲を再録したのが”Emale”としてEmancipationに収録されました。

客演こそ少ないですがミシェルはプリンスをリスペクトし、’18年にリリースされたカヴァー・アルバム「VENTRILOQUISM」”Sometimes it Snows in April”をカヴァーしました。

他の曲もそうですが、癖の強いカヴァーで正に”Reimagined (再考)”と言える楽曲です。

どんなライブになるんでしょうねぇ😃

オマケ

’14年の記事ですが、プリンスの事を独特の表現で語っている記事があったので貼っておきます。(英文)