シーラ・Eがポインター・シスターズ版で有名な”Yes We Can Can”の新カヴァーをリリース

シーラ・Eがポインター・シスターズのカヴァーで有名な“Yes We Can Can”を新たなアレンジを施しリリースしました。

Yes We Can Can – Redux

レビュー

アラン・トゥーサンが作詞作曲した楽曲で、オリジナルはリー・ドーシー(Lee Dorsey)の「Yes We Can」(’70)に収録。’73年、ポインター・シスターズ(The Pointer Sisters)のデビュー・アルバム「The Pointer Sisters」から”Yes We Can Can”がファースト・シングルとしてリリース、ビルボード・チャートで11位のヒットし華々しいスタートを切った代表曲で、プリンスもライブでシェルヴィー・Jリヴ・ウォーフィールド達に歌わせてたお気に入りの1曲です。

”私達ならできる”という力強いメッセージ・ソングは、シーラ・Eが’17年にリリースそたIconic: Message 4 Americaに収録されました。

同曲には、スライ&ザ・ファミリー・ストーンやパーラメント等のアルバムに参加、シーラとは虐待されて捨てられた子供達を支援する非営利団体Elevate Oaklandの事業パートナーのリン・メイブリー(Lynn Mabry)。そしてホイットニー・ヒューストンやアリ・シャヒードの作品に参加し脚光を浴びソロ・デビュー、シーラとは’11年のツアーに参加するなど数多くのアーティストに愛されるサイ・スミス(Sy Smith)がバック・ヴォーカリストで参加。
間奏では、カリフォルニア大学サンタクルーズ校の名誉教授で活動家のアンジェラ・デイヴィス (Angela Davis)によるメッセージがインクルードされています。

今回の新たにリリースされたのは、現在世界中で起こってるBLM運動と6月8日にこの世を去ったボニー・ポインターを偲ぶ形でリリースされたと思われます。
アルバムではオリジナルを踏襲したグルーヴ感のあるアレンジでしたが、今回はサウンドを削ぎ落とし、よりメッセージを際立つ様に施し、MVも制作されアンジェラのメッセージもより明確に伝わる様になったと思います。

 

アラン・トゥーサン・バージョン

’05年8月にアメリカを襲った台風〈ハリケーン・カトリーナ〉に対するベネフィット・アルバムOur New Orleans: A Benefit Album for the Gulf Coastではニューオリンズ出身のアラン・トゥーサン自身のバージョンがリリースされました。
プリンスも救済の為にS.S.T.をリリースし話題になりました。