メイシオ・パーカーの新作「Soul Food: Cooking With Maceo」が6月26日にリリース、プリンスのカヴァーも収録

メイシオ・パーカーが4月25日のtweetで"Stay Tuned for news coming soon!"と発言。
明けて5月1日に投稿されたのは新作アルバム「Soul Food: Cooking With Maceo」を6月26日に発表するというものでした。

Soul Food: Cooking With Maceo

曲リスト

  1. Cross The Track (5:05)
  2. Just Kissed My Baby (5:27)
  3. Yes We Can Can (5:42)
  4. M A C E O (5:08)
  5. Hard Times (3:42)
  6. Rock Steady (5:01)
  7. Compared To What (4:30)
  8. Right Place Wrong Time (4:08)
  9. Other Side Of The Pillow (4:50)
  10. Grazing In The Grass (5:27)

アルバム情報

’18年「Life On Planet Groove」の25周年盤となるLife On Planet Groove – Revisitedやマイケル・アベネ&WDR Big Band Cologneとのコラボ盤It’s All About Love(’18)等をリリースしましたが、単独名義では’12年のSoul Classics以来。

公式サイトによれば、プロデューサーにはノラ・ジョーンズやアル・グリーン等を手掛けたイーライ・ウルフ(Eli Wolf)を迎え、ニューオリンズのHouse of 1000hzでレコーディング。ネヴィル・ブラザーズのアイヴァン・ネヴィル(Ivan Neville)、ダンプスタファンクニッキー・グラスピー(Nikki Glaspie)、両バンドに参加しているトニー・ホール(Tony Hall)等を迎え、オールドスクール・ファンクとニューオーリンズのサウンドを融合させた作品と語っています。

アルバムには、セルフ・カヴァーの“Cross the Track"の他、ドクター・ジョンの“Right Place, Wrong Time"、ミーターズの“Just Kissed My Baby"、アラン・トゥーサンの“Yes, We Can Can"、アレサ・フランクリンの“Rock Steady"、メイシオがリスペクトしているデヴィッド・ファットヘッド・ニューマンの“Hard Times"等のカヴァーが収録されています。

そんな中、プリンス・ファンの注目はなんと言ってもプリンスの“The Other Side of the Pillow"

’98年のThe Truthに収録されたプリンスが爪弾くアコースティック・ギターの音色が心地良い1曲で、今月再販されるUp All Nite With Princeにパッケージングされた「One Nite Alone…Live!」にはライブ・テイクが収録されています。

公式サイトには作品の思いを語っていますが、文末にはプリンスの事を語っていました。

(前略) More than anything I miss Prince. He was a genius, so it was special to re-record a song he and I had once toyed with idea of releasing and give it that special New Orleans feel while also referencing the person I most admired growing up, the Genius Mr Ray Charles

(前略)なによりもプリンスが恋しいよ。彼は天才だったから、彼と僕がかつてリリースを考えていた曲を再レコーディングして、ニューオリンズの特別な雰囲気を出すことは特別なことだったし、僕が最も尊敬していた人物である天才のレイ・チャールズにも言及しているんだ。

タイミングが合えばDial: M-A-C-E-Oみたいにプリンスが直接関与してたのかもしれませんね…その時の思いをどう形にしてくれたのか楽しみですね。