ユニバーサルがプリンスの音源権利を獲得

昨日、ユニバーサル・ミュージック・グループ(UMG)が、プリンスの音源を全世界へのリリース権利獲得したという発表がありました。

原文は以下の通り。

Universal Music Publishing Group (UMPG), a global leader in music publishing, today announced an agreement with the Estate of Prince Rogers Nelson to become, effective immediately, the exclusive worldwide publishing administrator for Prince’s entire song catalog.

プリンスの音源に関してはワーナーを始め、多くのレーベルが獲得に乗り出していました。
本名はワーナーかと思って今しがUMGとはちょっと意外。

ユニバーサルとプリンスとの関係は’06年の「3121」そして’15年の「HITnRUN Phase One」、しかも「HITnRUN」に至っては品番こそ”UICD”とユニバーサルのコードが使われてるけどクレジットには記載されないという”販売権”のみの関係だったにも関わらずという事で、権利といっても”買い取り”ではなく”貸して頂く”的な一歩引いた形かもしれませんね。

既に一部報道では来年プリンスが進めていた新譜がリリースされるという情報もあります。
もしかすると、ここからUMGが販売するのかな。

UMGには取り敢えず、ワーナーも含めて、現在製造されていないオフィシャル・アルバムを再版して欲しいですね。
次は、TIDALでのみ配信されてるnpgmc時代の音源がCD化されたりするといいなぁ(‘∇’)

今月末にはベスト盤の「4Ever」をリリース、来年には「Purple Rain」のデラックス盤がリリースされる予定ですが、流石に「Purple Rain」はワーナーからリリースでしょうねぇ?!

【追記】

今回の件を受けてTIDALが怒ってますね。

自分達はプリンスの支持を受けて配信しているという事で文句言ってるんでしょうね。
TIDALが怒るのは判るけど、4月以降ファンが納得出来る様なプリンスへの敬意を払ってないよね(´・ω・`)

どんだけプリンス・ファンのお陰でTIDAL契約した人がいるか判ってるよね・・・

あれだけJay Z(というよりビヨンセ)を信用してTidalで配信をOKしたんだから”キチンと誠意を示して”から文句言ってほしいもんです。

NewsNEWS(Prince)