『クリミナル・マインド FBI行動分析課』でプリンスの会話を発見

日本でも人気の米TVドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』

シーズン12の12話“よき夫 (A Good Husband)”の冒頭でルーク・アルベスととスティーヴン・ウォーカーのセリフが良かった!

Alves: So who’s your inspiration?
Walker: You wouldn’t know him. He’s great, but a bit obscure.
Alves: Try me.
Walker: Trombone Shorty.
Alves: Yeah. He did some studio work with Prince.
Walker: So my man knows jazz.
Alves: I know Prince … a little bit.

吹き替えだとこんな感じ…

アルベス:”どんな音楽を聴くんだい?”
ウォーカー:”君は多分知らないだろう、彼は凄いんだけどさ・・・”
アルベス:”言ってみろよ”
ウォーカー:”トロンボーン・ショーティさ”
アルベス:”プリンスのアルバムに参加してた彼か”
ウォーカー:”ジャズに詳しいな”
アルベス:”って言うかプリンスに詳しいだけ”

吹き替えだと微妙にニュアンスが違いますけど、プリンスの話が出て顔がニヤけました😃

吹き替えはニュアンスが違う“と書いたのは、プリンスのアルバムではなくアンディ・アローSuperconductor(’12)収録の“People Pleaser”“If I Was King”の2曲でメイシオ・パーカーと一緒にホーン隊としてレコーディングに参加しています。
レコーディングは2曲だけですが、’11年~’14年に行われたプリンスのライブでゲスト参加しています(‘-‘)

プリンスと一緒にスタジオに入ったのは間違いないですし、そもそもそんな細かい事を短い吹き替で言えるハズもないですしね!😄

トロンボーン・ショーティについてはMusic Blogの方で紹介してるので良かったら聴いてみて下さい。