マーカス・アンダーソンの新作「Limited Edition」良いですね😄

今日は昨日のマーヴァ・キングに引き続き今月末に来日するNPGのメンバー、マーカス・アンダーソンの新譜を聴いています('-')

アルバム情報

マーカス・アンダーソンについて

マーカスは’05年の「My Turn」でデビューし、クリスマス・アルバムを1枚、ライブ・アルバムを2枚を含む計10枚のアルバムをリリースしたサックス・プレイヤーです。

ソロ以外にも、ミント・コンディションが’15年にリリースしたHealing Seasonやシー・ロー・グリーンのライブに客演しています。

マーカスがNPGのホーン隊(通称 NPG Hornz)に参加したのは’12年頃。
それまでキャンディ・ダルファー、メイシオ・パーカー、グレッグ・ボイヤー等ソロで活躍するアーティストが個別活動に移行した為、ホーン隊を再構築。

この頃アンディ・アローのアルバムSuperconductorを制作し、売り込みをかける為に制作した“People Pleaser"のMV辺りから正式に紹介されたと思います。
(赤いシャツを着たのがマーカス)

ちなみにこの時お披露目された"NPG Hornz"のメンバーは、1月に「Leap」をリリースしたエイドリアン・クラッチフィールドを含めた以下の11人、そのうち赤字のメンバーが今回来日します。

  • Marcus Anderson (saxophone)
  • Keith Anderson (saxophone)
  • Lynn Grissett (trumpet)
  • Joey Rayfield (trombone)
  • Adrian Crutchfield (saxophone)
  • Bernard “BK" Jackson (saxophone)
  • Sylvester Onyejiaka [a.k.a. Sly 5th Ave]
  • Steve Reid (trumpet)
  • Phil Lassiter (trumpet)
  • Nick Marchione (trumpet)
  • Roy Agee (trombone)

以降、エイドリアン達と同じくHITnRUN Phase Twoまでプリンスを支えた一人です。

オリジナル・アルバムとしては昨年3月にリリースされた「My Inspiration Vol. 1」以来、7枚目となります。

グルーヴ感のあるファンキーなサウンドがカッコいいタイトル・トラックの“Limited Edition"を筆頭に、疾走感のあるサウンドとジェニファー・ロペスのツアーにも参加していたアダムの味わいのあるギターとの共演がドライブに合いそうな“Backseat Drivers"、夜の街並が似合いそうな“Can I Come Over"、ジャズ・ピアニストのブライアン・カルバートソンを迎えたアーバン臭漂う“Understanding"等、エイドリアンとは違う大人の雰囲気漂うサックス・アルバムです。


中盤ではジャズ・ピアニストのニコラス・コールを迎えた“Let’s Not Wait"、エフェクトをかけたマーカスのヴォーカルとファンキーなディスコ調サウンドが楽しい“Stalker!"、アンソニー・サウンダースのヴォーカルが心地よいラストの“Give Love"まで、あっという間に聴いてしまいました。

エイドリアンのアルバムはケニー・Gが好きな人にオススメだとすれば、マーカスは日本のフュージョンが好きな人にハマるかと思います('-')

マーカスは、3月25日からバリ島の”Mezzo Lounge”から本作を引っさげて”LIMITED EDITION TOUR”をスタート。

次は4月8日にコネチカット州のラジオに出演、つまり今回の来日はツアーを合間を縫っての出演になりますね。