プリンスの楽曲をストリーミング配信する様に企画中らしい・・・

2月13日の午前9時(日本時間)から、第59回グラミー賞が開催、日本ではWOWOWで放送されます。
グラミーではプリンス・トリビュートを大々的に企画しており、ザ・ウィークエンドやブルーノ・マーズ、リアーナ等に打診してるそうです。

正直、少しづつ心に平穏を保てそうかな~と思ってた所にコレなんでチョット辛いです。
でも、大きいイベントはコレが最後なんで我慢!

グラミーの件は、去年から予想出来てたから良いんですが、↓の記事はチョットね…

グラミー賞のCMで発表される様ですが、SpotifyやApple Music(もしくは他にも?)でプリンスのアルバムがストリーミング配信で利用出来る様になるらしいです。

ストリーミング配信は、既にJAY-ZのTIDALで行っていて、ここではNPGのGold NiggaKamasutranpg music clubで毎月配信されてたAhdio Show様なレア・ケースを除くアルバムを聴く事が出来ます。

TIDALは日本を含め利用出来ない国が多かったので、今回の事で生産中止で聴けなくなっていたプリンスの音楽を楽しむ事が出来る様になります。

(といっても、実際どれが配信されるか未定ですが・・・)

4月以降、中古市場では今まで数百円で取引されてたCDが数万円に跳ね上がったリと異常事態になっていて、現在もその状況は続いています。

今回の事で、”これからプリンスを聴きたい人達”にとっては財布に優しく有り難い事だと思います。

ただ、プリンスは兼ねてからレコード会社と同じく、アーティストに少額しか入らないストリーミング・サービスを拒否し続けていました。

(TIDALはアーティストに正当な利益を分配するという理由でOKが出てました。)

過去に何度かストリーングの話が出ても断っていたのをファムは知ってるだけに、この選択は非常に複雑です。

ダウンロード販売ならともかく、プリンスがあれだけ戦ってたアーティストとしての権利が1年も経たずに崩れるなんんて・・・

逆を言えば、今回の事でプリンスは後続のアーティスト達に”★になった後の事もキチンと権利を主張出来る様に!”という事を教えてくれたのかもしれませんね。

【追記】

Spotifyはコーポレート・カラーの緑からプリンスを象徴する紫色に変更し”うちでプリンスを配信するよ!”ってアピールを開始しました。

BlogNEWS(Prince)