ザ・ニュー・パワー・ジェネレーションのメンバーを考えよう(*’▽’)

以前も書きましたが、先月のトリビュート・ライブの成功を受けて2017年3月に“ザ・ニュー・パワー・ジェネレーション tribute to プリンス"として来日決定しましたね。

来日情報

1stステージ開場17:30 開演18:30
2ndステージ開場20:30 開演21:30
1stステージ開場17:30 開演19:00
2ndステージ開場20:45 開演21:30
4/2(日)のみ
1stステージ開場15:30 開演16:30
2ndステージ開場18:30 開演19:30
今月末にはビルボード会員向けにチケットが発売、一般も12月1日に発売されますが、現時点ではメンバーが誰も判っていない状態です。
歴史があるのでメンバーの絞り込むのは難しいのかな??
そこでアルバムを紹介しつつ私が思う理想の構成を書いていきます(*’▽’)

NPGの遍歴

New Power Generation、通称NPGはプリンスの主演映画Graffity Bridgeで主人公キッドのバンド・メンバーで登場。この時のメンバーは、前作から引き続きリーヴァイミコの2人に加えトニーデモンカークゲーム・ボーイズの3人、マイケル、ロージー、フィリップで結成されました。

  • Levi Seacer, Jr. (Bass)
  • Michael Bland (as Michael B) (Drums)
  • Miko Weaver (Guitar)
  • Rosie Gaines (Background Vocals)
  • Tony Mosley (as Tony M) (Dancer)
  • Damon Dickson (Dancer)
  • Kirk Johnson (Dancer)
  • Phillip Carreon (as Phillip C) (fake keyboardist)

’91年のDiamonds And Pearlsから本格的に活動。
ギターのミコ、キーボードのフィリップが抜け、リーヴァイがギターにパートを変更、ソニー・T(ベース)とトミー(キーボード)が加入します。

  • Levi Seacer, Jr. (bass,rhythm guitar)
  • Michael B. (drums)
  • Sonny T. (bass guitar)
  • Tommy Barbarella (keyboards)
  • Rosie Gaines (keyboards and vocal)
  • Tony M. (rap)
  • Damon Dickson (background vocals)
  • Kirk Johnson (background vocals)

’92年のLove Symbolではロージーがソロに転向する為に脱退、代わりに後に奥さんとなるマイテが加入します。

  • Levi Seacer, Jr. (bass,rhythm guitar)
  • Michael B. (drums)
  • Sonny T. (bass guitar)
  • Tommy Barbarella (keyboards)
  • Mayte (vocals)
  • Tony M. (rap)
  • Damon Dickson (background vocals)
  • Kirk Johnson (background vocals)

Gold Nigga

翌’93年はプリンスとワーナーとの契約問題が表面化。

自分の思うタイミングでアルバムをリリース出来ない為、バンド名義としてデビュー・アルバムGold Niggaをリリースします。

アルバムのリリースは’93年ですが、レコーディング自体は’90年から行われていたのでロージー・ゲインズも参加しています。
プリンスはO{+>のシンボルマークで別モノという"お得意"の戦法で参加し、新メンバーとしてGraffity Bridgeでジョージ・クリントンのバンドに居た"Mr.Hayes"ことモーリス・ヘイズが加入します。

  • Tonny M. (Lead Raps & Back Vocal)
  • Levi Seacer,Jr. (Guitar & Back Vocal)
  • Michael B. (Drums & Vox)
  • Sonny T. (Bass & Lead Back Vox)
  • Tommy Barbarella(Piano,Purpleaxxe & Vox)
  • Kirk Johnson (Back Vocal & Percussion)
  • Damon Dickson (Back Vocal & Percussion)
  • Mr.Hayes [aka Morris Hayes] (Organ,Synths & Vox)
  • O{+> (Vocal & Guitar) (Non Credit)
  • Rosie Gaines (Co-Lead Back Vocal,Sampler & Organ)

本作はメインをトニー・M率いるゲームー・ボーイズが中心にしたヒップ・ホップ・アルバムで、楽曲といった全ての要素はプリンスによるものですが、表面的には裏方に徹しています。

アルバムからは“2gther"“Call The Low"がヒットした事もあってプリンス・ファンに”NPGのメンバーは?”と質問すれば、ほぼこのメンバーになると思います。

Exodus

’93年6月に「改名宣言」、’94年にプリンスとしての生涯を締めくくる為にリリースされたComeリリース後、’95年にNPG名義の2ndアルバムExodusをリリース。

ゲームー・ボーイズとリーヴァイが脱退しLove Symbolから加入したマイテがこちらにも参加。

  • Michael B. (Drums & Vox)
  • Sonny T. (Bass & Lead Back Vox)
  • Tommy Barbarella(Piano,Purpleaxxe & Vox)
  • Mr.Hayes [aka Morris Hayes] (Organ,Synths & Vox)
  • Mayte (Back Vox & Spanish Vibe & Hallucinations)
  • O{+> (クレジットはTora Tora) (Double Bass,Vox & Other Shit)

本作からはプリンス(顔には布を巻きトラ・トラ名義となります)がメインになりスッキリした編成になりました。
アルバムからは“Get Wild"“Count The Days"がヒット。

New Power Soul

’98年に3年振りの3rdアルバムでNPG名義としてはラストとなる「New Power Soul」をリリース。

’96年にワーナーから解放されEmancipationをリリースしたりとプリンスを取り巻く環境も変化。
これに合わせてバンドもモーリス・ヘイズ以外は総入れ替えとなってます。

  • O{+> (Vocal & Guitar)
  • Rev.Scott (Guitar)
  • Rhonda Smith (Bass)
  • Mr.Hayes [aka Morris Hayes] (Organ,Synths & Vox)
  • K’aJ (Drums)
  • Marva King (Back Vox)

アルバムからは“Come On"等がヒットしました。

これ以降、ONAツアーで来日した、ロンダ、レナート、ジョン、エリックやRadやメイシオ等、New Power Generationはグループというよりプリンスを支える”リアル・ミュージシャンの集まり”と様変わりしていきます。

 

NPGの構成を考える…

モチロンThe Rainbow Childrenの頃からのNPGは好きというか大好きだけどPrince & New Power Generationはプリンスありき。
NPGの3枚はトニーMやソニーTがメインの曲あるし、クレジット上とは言えプリンスはメンバーの一員。
ここは大きく違いますよね(´・ω・`)

現在ジョン・ブラックウェルは病気療養中、ロンダはジェフ・ベックのツアーとかで忙しいから実質無理ですね。

という訳で、NPGの3枚に参加したモーリス・ヘイズが一番古株で、10月のトリビュートも彼主導で行われた事からも、バンド・マスターはモーリスが最適な人選と思っています。
なので、トリビュート・ライブにも参加した「Gold Nigga」基準の↓の人選。

  • Tonny M. (Lead Raps & Back Vocal)
  • Kirk Johnson (Back Vocal & Percussion)
  • Damon Dickson (Back Vocal & Percussion)
  • Levi Seacer,Jr. (Guitar & Back Vocal)
  • Sonny T. (Bass & Lead Back Vox)
  • Michael B. (Drums & Vox)
  • Tommy Barbarella(Piano,Purpleaxxe & Vox)
  • Mr.Hayes [aka Morris Hayes] (Organ,Synths & Vox)
  • Shelby J. (Vocal)
  • Kip Blackshire (Vocals)

ロージーは病欠なんで代わりにロージー並みにパワフルなシェルビー・Jに参加してもらって、プリンスのパートは「Rave Un2 The Joy Fantastic」辺りからヴォーカルも務めNPGメンバーとも親交のあるキップ辺りが参加すればバッチリ!

これにホーン隊やTwinzの二人が華を添える・・・これは贅沢過ぎますね(*’▽’)

 

ビルボードさんもそろそろメンバーを発表してくれるかなぁ・・・

BlogNPG