Wild Animal / Vanity (’84)

ヴァニティ/ ワイルド・アニマル

アルバム情報

Released:1984/11/10 | Label: Motown Records

Track List

  1. Flippin’ Out (5:00)
  2. Pretty Mess (3:44)
  3. Samuelle [愛しのサミュエル] (4:14)
  4. Strap On “Robbie Baby" (4:12)
  5. Wild Animal (4:39)
  6. Mechanical Emotion (feat.Morris Day) (5:05)
  7. Crazy Maybe [クレージーになりそう] (5:00)

Personnel

Produce, Arranged, Written

  • Bill Wolfer, Vanity

アルバム・レビュー

当時付き合っていたプリンスと破局したヴァニティはソロ・アーティストとして見返すべくモータウンに移籍します。
プロデューサーにはシャラマーや映画『フットルース』のサウンドを手掛けたビル・ウルファーが担当、ゲストには惜しまれつつも解散したザ・タイムモーリス・デイが参加しています。

デビュー・シングルの“Pretty Mess"はダンス・チャート13位、R&Bチャートでも15位と健闘、モーリスを迎えThe Timeを連想させる様なミネアポリス・サウンドと当時ヒットしてたマドンナの“Borderline “を足して2で割った様なダンス・チューンの“Mechanical Emotion"もR&Bチャート23位と頑張りましたが、1ヶ月前にリリースしたアポロニア6の「Apollonia 6」に遠く及ばない結果となってしまいました。

ライバル対決には負けたものの’84年当時のサウンド傾向を上手くミックスしたビルの手腕は流石だと言えます。
もしアポロニア6との構図が無く、普通に出てたらもうちょい上にいけたかもしれないですね。

Music Video