ST. Paul / Down To The Wire (’90)

セント・ポール / ドーン・トゥ・ザ・ワイヤー

アルバム情報

Released:1990/06/15 | Label: Atlantic, Impact Records

Track List

  1. Stranger To Love (4:39)
  2. Every Time I Close My Eyes (4:23)
  3. Every Heart Needs A Home (5:04)
  4. Maybe In Another World (4:10)
  5. Heart To Heart (3:22)
  6. I Never Knew What Love Could Do (5:34)
  7. Nowhere To Run (3:45)
  8. Next Time You See My Girl (4:39)
  9. Only Reminds Me Of You (3:47)
  10. Shooting Star (5:38)

Personnel

Produce

  • St. Paul, Carl Sturken, Evan Rogers (1-3, 5-7, 9, 10)
  • St. Paul, Oliver Leiber (4, 8)

Written

  • St. Paul, Carl Sturken, Evan Rogers (1-3, 6, 7, 9, 10)
  • St. Paul, Oliver Leiber (4, 8)
  • St. Paul, Matt Noble (5)

Musician

  • ST. Paul (Organ, Keyboards, Drum, Bass, Vocal)
  • Carl Sturken (Keybords, Bass, Guitar) (1, 2, 6, 7, 10) (Keybords) (5)
  • Michael Thompson (Guitar) (1, 2)
  • Evan Rogers (Drums) (2) (Backing Vocals) (1, 2, 5, 6, 7, 9, 10)
  • Jenny Douglas (Backing Vocals) (1, 6, 7)
  • Katreece Barnes (Backing Vocals) (1, 6)
  • Oliver Leiber (Guitar, Keybords) (4, 8)
  • Matt Noble (Keybords) (5)
  • Jason Peterson Delaire (Backing Vocals) (5)
  • David Koz (Saxohone) (7)
  • The Wild Pair (Backing Vocals) (8)

アルバム・レビュー

デビュー作ST.Paulリリース後、ポールは自身のスペックを高める為、ボズ・スキャッグスやジャーメイン・ジャクソン、スティーヴ・ミラー、ザ・ジェッツ等をサポート。
その後、アトランティックに移籍し3年振りにリリースされたのが本作です。

プロデューサーには前作そしてポーラ・アブドゥルのデビュー・アルバムでもタッグを組んだ元タ・マラ&ザ・シーンのオリバー・リーバーと2曲、残りをシェリル・リンやキャリン・ホワイトを手掛けたカール・スターケンエヴァン・ロジャースを迎えて制作しました。

タイトでエッジの効いたイントロから中盤コーラスで高揚していくジョージ・マイケル辺りを連想させる“Stranger To Love"、’90年公開の映画『ミュータント・タートルズ』にも収録されたバラード・ナンバーの“Every Heart Needs A Home"の2曲がシングル・カットされました。

キラキラ・サウンドがイケメンのポールにピッタリの“Heart To Heart"、1曲目と同じくエッジの効いたR&Bナンバーの“I Never Knew What Love Could Do"等、カール&エヴァンとの3人によるツボを抑えた楽曲がそろっています。
一方オリバーと作った前作の延長線上にある“Maybe In Another World"、そしてポーラで経験した軽快なダンス・チューンの“Next Time You See My Girl"は二人の新たなサウンドを感じる事が出来ます。

ダウンロード版

’12年にダウンロード版が購入出来るようになりました😄

Music Video

2018-05-18