St. Paul Peterson / Blue Cadillac (’95)

セント・ポール・ピーターソン / ブルー・キャデラック

アルバム情報

Released:1995/11/30 | Label: St. Paul Music Inc, Celebration Records

Track List

  1. Blue Cadillac (Single Mix) (3:10)
  2. Judgement Day (4:44)
  3. Only Reminds Me Of You (4:16)
  4. Don’t Take Your Love Away (4:06)
  5. Window To Your World (3:36)
  6. Don’t Turn Away (4:36)
  7. Money Lovin’ Lullaby (4:09)
  8. Love Foundation (3:38)
  9. Get Down (4:20)
  10. Get Up, Get Off (3:42)
  11. Blue Cadillac (4:57)

Personnel

Produce, Arranged, Composed

  • St. Paul Peterson (1-4,6,11)
  • St. Paul Peterson, Elliot Wolff (5)
  • St. Paul Peterson, Shaun Labelle (7)
  • Gardner Cole (Co Produce) (8)
  • St. Paul Peterson, Gardner Cole, Mic Murphy, Andre Cymone (9)
  • St. Paul Peterson, Gardner Cole (10)

Written

  • St. Paul Peterson (1, 4, 11)
  • St. Paul Peterson, Rick Barron (2, 6)
  • St. Paul Peterson, Carl Sturken, Evan Rogers (3)
  • St. Paul Peterson, Elliot Wolff (5)
  • St. Paul Peterson, Shaun Labelle, Steve Grissette (7)
  • St. Paul Peterson, Gardner Cole (8,10)
  • St. Paul Peterson, Gardner Cole, Mic Murphy, Andre Cymone (9)

Musician

  • ST. Paul (Vocal, Rhythm Guitar, Bass,  Drum Prog, Keybord, Backing Vocals)
  • Ricky Peterson (Hammond organ, Back Vocal) (1, 11) (String) (6)
  • Jason Peterson Delaire (Back Vocal) (1, 11)
  • Patty Peterson (Back Vocal) (2)
  • Margaret Cox (aka Margie Cox)(Back Vocal) (2)
  • Wendy Ingram (Back Vocal) (3)
  • Jim Behringer (Lead Guitar, Acoustic Guitar) (2, 3)
  • Donnie Lamarca (Piano) (6)
  • Troy Norton (Guitar, Backing Vocals ) (6)
  • Wayne Cullinan (Percussion, Backing Vocals) (6)
  • Joe Finger (Drum, Backing Vocals) (6)
  • Rick Barron (Backing Vocals) (6)
  • Gardner Cole (Backing Vocals) (8) (Keybords, Vocal) (9) (Backing Vocals) (10)
  • André Cymone (Guitar,Bass,Vocal) (9)
  • Mic Murphy (Vocal) (9)
  • St. Paul Peterson, Elliot Wolff (all instrumental) (5)
  • St. Paul Peterson, Shaun Labelle (all instrumental) (7)
  • St. Paul Peterson, Gardner Cole (all instrumental) (10)

アルバム・レビュー

Down To The Wire以来、ジャスミン・ガイやシーナ・イースオン、ジェベッタ・スティール等のアルバムに参加。
7年振りにリリースされた3rdアルバムは自主レーベルからのリリースで、クレジットも本名の”ピーターソン”を追加、美しかったブロンドの長髪をバッサリと切り心機一転となるアルバムです。

今回盟友オリバー・リーバーはお休みで、プロデューサーはセント・ポールを中心にポーラ・アブドゥルでの共演をキッカケに知り合ったエリオット・ウルフ等、楽曲に合わせて数名のスタッフがソングライトとプロデュースに携わっています。
約半数となる1(11),3,4,6,7をペイズリー・パーク・スタジオでレコーディング、注目は“Get Down"にはプリンスの盟友アンドレ・シモーン、そして“Judgement Day"に元タマラ&ザ・シーン(Ta Mara & The Seen)のタ・マラことマギー・コックスがマーガレット・コックスに改名し参加しています。

全体的にはちょっぴりラテンのエッセンスが入ったタイトル・トラックの“Blue Cadillac"やロック・テイストの”Judgement Day”、バラードの”Only Reminds Me Of You”、少ししゃがれたヴォーカルも今までと違う”Love Foundation”等、ビジュアル的なイメチェンと共に内容もワイルド&アーヴァン志向になっています。

2018-05-18