Souvenir / Ricky Peterson (’99)

リッキー・ピーターソン / スーベニア

アルバム情報

Released:1999/6/15 | Label: Windham Hill Jazz

Track List

  1. Drop Shot (5:15)
  2. Do That Again (5:57)
  3. Can We Still Be Friends (5:18)
  4. Placid Paul (5:03)
  5. May (5:51)
  6. All I Ask Of You (5:06)
  7. Ignorance Is Bliss (5:55)
  8. Soft Touch (4:00)
  9. Song For Lou (4:27)
  10. Let Me Down Easy (3:49)
  11. It’s Alright (5:45)
  12. Souvenir (5:38)

Personnel

Produce, Arranged

  • Ricky Peterson

Written

  • Ricky Peterson (4)
  • Ricky Peterson, Paul Peterson, Michael Bland, Sonny Thompson (1)
  • Ricky Peterson, Paul Peterson (2, 8)
  • Ricky Peterson, Paul Peterson, Jason Peterson Delaire (11)
  • Ricky Peterson, Jason Peterson Delaire (5)
  • Ricky Peterson, Dean Brown, Rocky Bryant, Will Lee (7)
  • Ricky Peterson, David Sanborn (9)
  • Todd Rundgren (3)
  • Chris Eaton, Pam Sheyne (6)
  • Jon Lind, Richard Page (10)
  • David Hungate, Randy Goodrum (12)

Musician

  • Ricky Peterson (keybords, piano, vocals)
  • Patty Peterson (vocals) (3)
  • Paul Peterson (bass) (1-6, 8, 12)
  • Billy Peterson (keybords) (4, 8, 10, 11)
  • Jason Peterson Delaire (saxophone) (6)
  • Tony Axtell (vocals,bass) (3, 12)
  • Will Lee (bass) (7)
  • Michael Bland (drums) (1, 11)
  • Rocky Bryant (drums) (7)
  • Vinnie Colaiuta (drums) (2, 3, 6, 8, 12)
  • Kathy Jensen (1, 7)
  • Dave Karr (flute) (4, 8)
  • Sonny Thompson (guitar) (1)
  • Robben Ford (guitar) (2)
  • Jim Behringer (guitar) (3)
  • Hiram Bullock (guitar) (5)
  • Paul Jackson,Jr. (guitar) (6, 12)
  • Dean Brown (guitar) (7)
  • Don Alias (percussion) (1, 2, 4, 5, 8)
  • Michael B. Nelson (trombone) (1, 7)
  • Brad Shermock (trumpet) (1, 7)
  • Dave Jensen (trumpet) (1, 7)
  • Dale Mendenhall (saxophone) (1, 7)
  • Dick Oatts (saxophone) (4, 8)
  • Lenny Castro (percussion) (6, 12)
  • Brandon Fields (saxophone) (6)
  • David Sanborn (saxophone) (9)
  • Lalah Hathaway (vocalse) (6)

アルバム・レビュー

A Tear Can Tell」ではヴォーカリストとしての力量を見せAOR的な要素が強かったですが、今回は全体的にポップ・ジャズっぽいアレンジに統一されたアルバムになっています。

今回もゲストが豪華で、これまで同様ST・ポールを始めとするピーターソン一家の他、“All I Ask Of You”“Souvenir”でギタリストのポール・ジャクソン,Jr.等が参加していますが、注目はなんといっても盟友デヴィッド・サンボーンの哀愁漂うサックスとの共演を果たした名バラードの“Song For Lou”だと思います。

オープニングはNPGのソニー・Tとマイケル・BホーンヘッズそしてST・ポール・ピーターソンとプリンス・ファミリーが豪華に参加したファンク・ジャズの“Drop Shot”はリッキーのキーボードプレイも弾んでカッコイイ1曲です。
ヴォーカル曲では、デュエット・パートナーにレイラ・ハサウェイを迎えた“All I Ask Of You”のカヴァーはこのアルバムの中でも際立つ1曲です。

前作同様、甘く鼻にかかった歌い方はAORシンガーとして売り出しても充分通用する程で、“Let Me Down Easy”で聴かせる渋さもなかなか良いです。

 

Related Artists'90s, Band Member

Posted by KID