A Tear Can Tell / Ricky Peterson (’95)

リッキー・ピーターソン / ア・ティア・キャン・テル

アルバム情報

Released:1995/1/25 | Label: Go Jazz

Track List

  1. Jdarling (6:24)
  2. A Tear Can Tell (4:32)
  3. Who’ll Be The Fool Tonight (4:21)
  4. Mr. Williams (6:10)
  5. Funny Little World (4:53)
  6. Feel So Bad (4:18)
  7. Holding Back The Years (4:44)
  8. For All We Know (5:18)
  9. EJ (5:42)
  10. Secret O’ Life (4:52)

Personnel

Produce, Arranged

  • Ben Sidran (executive producer)
  • Ricky Peterson & Paul Peterson

Written

  • Ricky Peterson (4, 9)
  • Ricky Peterson, Brandon Fields (1)
  • Bill LaBounty (2)
  • Howard “Buzz" Feiten (3)
  • Eddie Schwartz, David Tyson (5)
  • J. Johnson, Leslie Temple (6)
  • Mick Hucknall, Neil Moss (7)
  • J. Fred Coots, Sam M. Lewis (8)
  • James Taylor (10)

Musician

  • Ricky Peterson (vocals, keyboards, vocals)
  • Paul Peterson (guitar, bass, vocals, drum programming) (1, 2, 4-7, 9, 10)
  • Jeanne Arland Peterson (synthesizer) (9)
  • Jason Peterson DeLaire (background vocals) (2, 5)
  • Patty Peterson (background vocals) (4, 5)
  • Willard O.Peterson (keybords) (8)
  • Jimi Behringer (guitar) (2, 5, 10)
  • David Barry (guitar) (1, 3, 5, 7, 9)
  • Robben Ford (guitar) (6)
  • Howard Levy (harmonica) (4)
  • Brandon Fields (saxophone) (1, 7, 9)
  • Bob Malach (saxophone) (8)
  • Mike Nelson (horns) (3, 6)
  • Cathy Jensen (horns) (3, 6)
  • David Jensen (horns) (3, 6)
  • Brian Gallagher (horns) (3, 6)
  • Steve Shand (horns) (3, 6)
  • Michael Bland (drums) (1-6, 8-10)
  • Statik (drum programming) (1, 3, 5, 9)
  • Lenny Castro (percussion) (1, 2, 4, 7, 8, 10)
  • The Steels (Fred, JD, Jearlyn, Jevetta Steele) (background vocals) (6)

アルバム・レビュー

前作「Smile Blue」から3年3カ月振りと少し間が開きましたが、本作もGo Jazzにレーベルからリリースされた通算3枚目のアルバムとなります。
本作は共同プロデュースにSTポールが参加。ベン・シドランは前作同様エグゼクティヴ・プロデューサーという立場での参加です。

前作ではピーターソン・ファミリーはリッキーを含め4人でしたが、今回は母親でピアニストのジーン・アーランドと従兄弟のJ.P.ディレイアの計6人とさらにファミリー感が増しました。
プリンス関連では、前作同様NPGのマイケル・B、プリンスのホーン隊のホーンヘッズ+ブライアン・ギャラガーそして「Night Watch」にも参加したスティールズが参加、レコーディングは前作同様ペイズリー・パーク・スタジオで行われています。

リッキーのアルバムと言えば恒例となるカヴァー曲ですが、今回はビル・ラバウンティのオリジナルでタイトル・トラックの“A Tear Can Tell"を筆頭に、ラーセン・フェイトン・バンドの“Who’ll Be The Fool Tonight"やシンプリー・レッドの“Holding Back The Years"、レイ・チャールズも歌った“Feel So Bad"、ジェームス・テイラーの“Secret O’ Life"等、全体の7割近くがカヴァーとなっています。

それだけにオリジナルと比較され易いのですが、逆を言えばリッキーのアレンジャーとしての能力を堪能出来るアルバムで、どれ一つをとっても違和感なく溶け込んでいます。
リッキーも凄いですが、個人的には“Holding Back The Years"以外の全曲でドラムを叩いているマイケル・Bの良さも体感出来るアルバムだと思います。