Live In Japan / Rad.(’08)

ラッド / ライブ・イン・ジャパン

アルバム情報

Released:2008/3/5 | Label: 7 Bridges

Track List

  1. Make Every Second Count (6:04)
  2. Back Here Again (3:58)
  3. East Babe (5:18)
  4. I Got You (I Feel Good) (3:05)
  5. Homegirl’s Cha Cha Network (6:23)
  6. Layin’ Low (10:29)
  7. Ten (7:02) P
  8. Trippin’ (6:09)
  9. Wishy (2:49)
  10. In Time (3:30)

Personnel

Produce

  • Michael Kirsch

Written

  • Rad. and Michael Kirsch
  • Prince, Eric Leeds, Levi Seacer, Jr., Sheila E. (7)
  • Paul T. Smith (2)
  • James Brown (4)

Musician

  • Rad. (keyboards, vocals)
  • Marc Van Wageningen (bass)
  • Billy Johnson (drums)
  • Ray Obiedo (guitar)
  • Eric Leeds (saxophone, keyboards)

アルバム・レビュー

’03年にリリースした「Live at the New Morning Paris」以来2枚目のライブ・アルバムで、タイトル通り’07年9月、東京の"Cotton Club"と横浜の"Motion Blue"で行われたライブ音源です。
バンド・メンバーは、シーラ・E等のレコーディングにも参加しRadのアルバムも長く担当しているレイ・オビエド(g)、同じくシーラ繋がりのマーク・ヴァン・ワゲニン(b)、ジョージ・ハワード等のレコーディングに参加しているビリー・ジョンソン(d)、そしてプリンス関連からエリック・リーズ(s)が参加しています。

Live at the New Morning Paris」もでしたがライブ盤は独特の勢いがあり生音感が良く、JBホーンズっぽいアレンジの“East Babe"からJBの“I Got You (I Feel Good)"や、ラストの“Trippin'"から“In Time"までの怒涛の流れは息つく暇も無く聴き応えがあります。
オリジナルもさることながらカヴァーも秀逸で、特にマッドハウスTenは聴き応えがあります。
“Ten"に限らずインスト・ナンバーは”マッドハウス感”が漂っていてRad.のヴォーカルが無ければ勘違いしてしまいそうになります。そういう意味でも改めてエリック・リーズの存在の大きさを実感出来た作品です。