May 19 1992 / Ingrid Chavez (’91)

イングリッド・シャヴェイズ / イングリッド・シャヴェイズ

アルバム情報

Released:1991/9/24 | Label: Paisley Park Records, Warner Bros.

Track List

  1. Heaven Must Be Near (7:07) P
  2. Hippy Blood (4:55)
  3. Candle Dance (3:43) P
  4. Elephant Box (3:51) P
  5. Slappy Dappy (4:05) P
  6. Little Mama (4:57)
  7. Jadestone (0:44) P
  8. Wintersong (3:53)
  9. Spiritual Storm (1:41)
  10. Sad Puppet Dance (3:51)
  11. Whispering Dandelions (1:59) P

Personnel

Produce

  • Prince (1, 4, 5, 7, 11)
  • Levi Seacer Jr. (10)
  • Ingrid Chavez, Michael Koppelman (2, 6)
  • Michael Koppelman (3, 8, 9)

Written

  • Ingrid Chavez, Prince (4, 5, 7)
  • Ingrid Chavez, Prince, Levi Seacer, Jr. (1)
  • Ingrid Chavez, Levi Seacer, Jr. (10)
  • Ingrid Chavez, Michael Koppelman (2,3,8)
  • Ingrid Chavez, Michael Koppelman, Sparquelee Antoni (6)

Additional Musician

  • Prince (all instruments) (1, 4, 5, 7, 11) (keyboard, guitar) (3)
  • Levi Seacer, Jr. (instruments) (1)
  • Michael Koppelman (all instruments) (3)

アルバム・レビュー

本作は映画Graffiti Bridgeの撮影中位から制作に入り、翌91年にリリースされたデビュー・アルバムです。
クレジット上はペイズリー・パーク名義になっていますが実際にはプロデュースや楽器の演奏等で全体の半分に参加しています。
アンビエント系のサウンドに「Lovesexy」でも囁いてた“Clap Your Hands, stomp your feet”のフレーズを使用した“Heaven Must Be Near”、90年代のプリンスが好んだソリッドなリズムに乗せて呟く“Elephant Box”、前曲よりもスピード感がアップした“Slappy Dappy”、詩人らしく会話する様に語るインタールード的な“Jadestone”と最後を締めくくる“Whispering Dandelions”の5曲がペイズリー・パーク名義です。
これとは別に“Sad Puppet Dance”をリーヴァイが単独プロデュースで担当しています。

全体的な印象はプリンス”らしさ”とは掛け離れており、無機質な打ち込み系サウンドと歌というよりは詩を語るスポークン・ワードのヴォーカルで構成されています。
敢えてスポークン・ワードにしたのは、プリンスが余程彼女の話し方が好きだったのもあるんでしょうが、彼女自身もプロデュ-スに参加している事から、こういう歌い方が好きな様です。

個人的にはアンビエント系も好きだし、プリンスがこれだけ寄せたサウンドを作るのも珍しいので好きな1枚です。

Music Video