ワークシャイがカヴァー集「LOVE SOUL」をリリース。収録曲にはプリンスの”Damn U”も

マイケル・マクダーモットとクリスタ・ジョーンズによるワークシャイ (Workshy)が「SOUL LOVE」以来25年振りとなるカヴァー集「LOVE SOUL」をリリース。
同作にはPrince Love Symbolに収録された”Damn U"のカヴァーも収録されています。

LOVE SOUL

Track List

  1. Inside Out – Odyssey / Jesse Rae
  2. Ooh Child – Five Stairsteps
  3. Don’t Ask My Neighbours – Emotions
  4. Didn’t I – Delfonics
  5. Eighteen With A Bullet – Pete Wingfield
  6. You’ll Never Get To Heaven – Dionne Warwick
  7. Damn U – Prince & The New Power Generation
  8. Human – Human League
  9. You Don’t Know Me – Ray Charles
  10. You’re The Summer – Workshy (日本盤ボーナス・トラック)

原曲を尊重しつつも独自のスタイルで表現されたカヴァー集

アルバムとしては’17年の「wayward」から3年振りの新作は、冒頭にも書いた通り25年振りのカヴァー集。ディオンヌ・ワーウィックやレイ・チャールズといった王道からプリンスやヒューマン・リーグと幅広い選曲も魅力です。

プリンスのカヴァーと言えば80年代の楽曲が選ばれがちなだけに非常に珍しく、"Damn U"のカヴァーはプリンス生誕50周年記念で企画されたカヴァー・コンピ盤Shockadelica(’08)以来かと。
まぁオリジナルから28年も経ってる訳ですから、そろそろ90年代のカヴァーも増えてくるでしょうね。(28年も経ったのかと書いてて軽くショック…)

”Damn U”は低音から高音まで広い音域で歌われる難易度の高い楽曲ですが、ワークシャイのカヴァーはスッキリと仕上げてあるもののクリスタ・ジョーンズによるシルキー・ヴォイスとシンセ&ピアノの調べが心地良よく流石と唸る名カヴァーでした。

他のカヴァーもそれぞれオリジナルを尊重しつつもワークシャイらしいエッセンスを施されています。個人的には、絡み合う二人のヴォーカルとギターのカッティングがかっこいいファイヴ・ステアステップス”Ooh Child”とボサノバを思わせるアレンジが素敵な”Human”がお気に入り。

 

YouTube MusicやSpotifyなどのサブスクでも聴くことができます。