4月3日から放送のアニメ『LISTENERS』に殿下やウェン&リサのキャラが登場!

2020年4月3日より、MBS/TBS/BS-TBSの〈アニメイズム〉枠にてLISTENERSというアニメが放送されます。

この中のキャラにプリンスやウェン&リサをオマージュしたキャラが登場するそうです😃

LISTENERSとは

脚本は『交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューション』等を手掛けた佐藤大さん、『カゲロウプロジェクト』のじんさんで、アニメ制作は『ユーリ!!! on ICE』や『どろろ』等を手掛けたMAPPAが担当なんで盤石ですね。

ストーリーは公式サイトより引用

この世界は【ミミナシ】と呼ばれる謎の生命体により、人類はその生活を脅かされていた。
ミミナシに対抗することができるのは、戦闘メカ【イクイップメント】とプラグインし、操ることのできる【祈手(プレイヤー)】という能力者のみ。
スクラップの街「リバチェスタ」で暮らす少年・エコヲは、10年前、ミミナシと祈手(プレイヤー)との大きな戦い【フェス】で伝説を残した祈手(プレイヤー)・ジミを目撃して以来、密かに祈手(プレイヤー)に強い憧れを抱きつつも、燻り生きてきた。
しかしある日、いつものようにゴミ山で採掘仕事に励んでいたエコヲは、記憶喪失の少女・ミュウと出逢う。 腰にインプットジャックが空いた彼女もまた、祈手(プレイヤー)の一人だった。
やがて二人は、彼女の出自や、フェスの中心人物でありながら謎多き人物・ジミを追う旅に出る──

予告見たけど面白そうですね!
それではプリンス関連で注目の3人を紹介。

殿下

まずはプリンスそっくりの殿下。

胸にシンボルマークっぽいタトゥー(?)が入ってますね😃
公式の設定を見ると…

「紫の王国 ペイズリー・パーク」の統治者にして、「戦慄の貴公子」のあだ名を持つ祈手(プレイヤー)。天空に浮かぶ「銀河宮殿」に住み、一部の者を除いて、その素顔を知る者はいない。10年前の「プロジェクト・フリーダムフェスティバル」の際にジミと出会ったことで、自分たちに愛が足りなかった為に作戦の失敗を生んだのだと気づき、以来、「愛による革命」を唱えている。

ペイズリー・パークまで出てきます!これ大丈夫か?ってレベルですね!
声優は『テニスの王子様』の跡部景吾や『僕のヒーローアカデミア』のイレイザー・ヘッドなど”イケボ”で知られる諏訪部順一さん。

ウェン&リサ

そしてこちらはウェン&リサ

設定は…

殿下の寵愛をうけている「紫の王国」きっての祈手(プレイヤー)。王国主催のコロシアム「ファースト・アベニュー」で無敗を誇り女帝と呼ばれる一方で、繁華街の歓楽施設「ラヴ・セクシー」で働く女の子たちを指導するバイトリーダーと副リーダーでもある。

ファースト・アベニューの女帝!!
声優はウェンは『ふたりはプリキュア』のキュアブラックを演じる本名陽子さん、リサは同じく『ふたりはプリキュア』のキュアホワイトを演じたゆかなさん。プリキュア・コンビって事ですね。

他にも…

ジャニスやロバートとか匂わす名前もありますね😃
キャラデザインのpomodorosaさんのコメントによると…

好きなだけ音楽ネタをぶち込んでOKとのことだったのでオファー即受けでした(笑)
往年のロックスター本人はもちろんアルバムやライブのオマージュ、MVの小ネタやトリビアなど、これでもかというほど俺得デザインを詰め込みました。
ただ「わかる人にはわかる」ではエンタメとして成立しないので、
元ネタがわからない人でもカッコいい、可愛い、面白いと感じてもらえるキャラ造形を目指しました。

引用元:「LISTENERS リスナーズ」高橋李依、村瀬歩、福山潤ら演じる総勢25人のキャラクター公開 | アニメ!アニメ!

と詰め込みまくり!
本編でもニヤリとするパートがあるかもしれないですね。

しかし設定込みでかなり攻め込んでるけどエステート怒らないかなぁ…ここまでやるなら許可は取ってるんでしょうけど。

個人的には嬉しいけどチョット心配な気もしてきました😓

 

キャラデザのpomodorosaさんからまさかの返信!

先日公開された殿下のイラストを引用リツィートしたらキャラクターデザインのpomodorosaさんからまさかの返信を頂きました!


 
殿下がどう活躍するか今から楽しみです😃

2020-03-15BlogNEWS(Related)