シンプル・マインズの「Street Fighting Years」BOXが3月にリリース。Disc 2には”Sign O’ The Times”のカヴァーも収録

1989年にリリースされたシンプル・マインズ(Simple Minds)通算8枚目のスタジオ・アルバム「Street Fighting Years」が4枚組BOXとして3月6日にUMCからリイシューされます。(日本盤がリリースされるか不明)

アルバム情報

リマスターはイギリスの伝統あるアビーロード・スタジオでおこなわれ、B面やリミックス等が収録されたディスク2、’89年9月15日にイタリアのベローナで行われたライブ盤が2枚の計4枚組です。(価格はamazonで7,313円[2020/1/20時点])

鬼才トレバー・ホーンをプロデューサーに迎えた事でサウンドが変化、ルー・リードやポリスのスチュワート・コープランド等がゲスト参加と話題が多かったけどマイケル・マクニールが脱退(後にジョン・ギブリンも)し、バンドとしても変化を余儀なくされた時期の作品ですね。

世代的に何度も聴きましたが、プリンス・ファンとしてはやはりディスク2に収録された“Sign O’ The Times”が3バーション収録されてるのが嬉しいです!
(当時は”The Amsterdam EP”に収録。)

CD1 (Street Fighting Years)

  1. Street Fighting Years
  2. Soul Crying Out
  3. Wall of Love
  4. This Is Your Land
  5. Take A Step Back
  6. Kick It In
  7. Let It All Come Down
  8. Mandela Day
  9. Belfast Child
  10. Biko
  11. When Spirits Rise

CD2 (Edits, B-Sides and Remixes)

  1. Belfast Child – Edit
  2. Mandela Day- Edit
  3. This Is Your Land
  4. Saturday Girl – B-Side
  5. Year of The Dragon – B-Side
  6. This Is Your Land – DJ Version
  7. Kick It In – Edit
  8. Waterfront – ’89 Remix
  9. Big Sleep – Live
  10. Kick It In – Unauthorised Mix
  11. Sign O’ The Times – Edit
  12. Let It All Come Down – Edit
  13. Sign O’ The Times – B-Side
  14. Jerusalem B-Side
  15. Sign O’ The Times – C. J. Mackintosh Remix

CD3

  1. Theme for Great Cities ’90
  2. When Spirits Rise
  3. Street Fighting Years
  4. Mandela Day
  5. This Is Your Land
  6. Soul Crying Out
  7. Waterfront
  8. Ghost Dancing
  9. Book of Brilliant Things
  10. Don’t You (Forget About Me)

CD4

  1. Gaelic Melody
  2. Kick It In
  3. Let It All Come Down
  4. Belfast Child
  5. Sun City
  6. Biko
  7. Sanctify Yourself
  8. East at Easter
  9. Alive and Kicking

2CD盤

4枚組のの他にリマスター+ディスク2の2枚組もリリースされます。(価格はamazonで2,496円[2020/1/20時点])と通常盤程のリーズナブルな価格設定です。