セント・ポール・ピーターソンが元フライト・タイム・スタジオを撮影&ジャネット・ジャクソン達も訪問

セント・ポール・ピーターソン(St. Paul Peterson)が先日リリースした新曲Something in the Waterをバックに閉鎖された元フライト・タイム・スタジオ(後にRunway Studios)を撮影した映像をYoutubeにアップしました。

ハンディ・カメラ片手にスタジオの隅々まで撮影、これは貴重な映像になりそうです!

 

Flyte Tyme Studiosとは

facebook

ミネアポリス・サウンドと言えばプリンスと並んでもう1組ジミー・ジャム&テリー・ルイスを忘れる訳にはいけません。

ザ・タイムを解雇されたジャム&ルイスはプロデューサーとしてフライト・タイム・プロダクションを設立、アレクサンダー・オニールサウンズ・オブ・ブラックネスモーリス・ディといったミネアポリス勢の他にもジャネット・ジャクソンマイケル・ジャクソンニュー・エディションボーイズIIメン・・・数多くの名盤を世に送り出しました。
その名曲をレコーディングしたのがミネアポリスのエディーナにあったフライト・タイム・スタジオ(Flyte Tyme Studios)です。
ジャネットの「Rhythmnation 1989」やマイケルとジャネットが共演した”Scream”はこのスタジオでレコーディングされました。

移転後も名前を変え運用

スタジオは’88年からスタートし、’03年に拠点をLAに移す為230万ドルで売却。
リチャード・マッキャリーとトム・タッカーが購入し改装された後”Runway Studios”として運用、冒頭の動画コメントによればポール・ピーターソンは’16年までこのスタジオにあった“ミネアポリス・メディア・インスティテュート”でインストラクターもしていたそうです。

’08年と言えばリーマンショックの年、↓の記事では当時の苦労が掲載されてました。


 

2018年10月で閉鎖

昨年の夏頃はNPGがリハーサルで使用したりとレンタル・スタジオとして運用されていましたが、10月で閉鎖されました。

↓は最終日の投稿

昨年のthecurrentの記事には写真を添えて更に詳しく解説されてます。


 

ジャネット最後の訪問

折しも今年は「Rhythmnation 1989」30周年というメモリアル・イヤーで、思い出後ミネアポリスにやってきたジャネットはジャム&ルイスと共にスタジオを訪問しました。


 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Of course Jimmy remembers everything 😜 It felt so good to reminisce at the old Flyte Tyme studio. Here’s a little snippet… more to come ✨ #RN30

Janet Jacksonさん(@janetjackson)がシェアした投稿 –

 

閉鎖後は住宅地として利用

現在は冒頭の動画の通り機材など撤去されもぬけの殻となり、今後建物は取り壊され住宅地として整地される様です。

 

これでミネアポリスの名所が一つ無くなってしまいますね…
時代とは言え寂しいです。

記録の為にスタジオの場所を貼っておきます。

4100 West 76th Street Edina, MN 55435

行けなかったのでストリートビューを使って記念撮影!