プリンスのフォロワー【男性:リスペクト編】その1

前回は共演経験ありの男性アーティストでしたが、今回はプリンスをリスペクトしているフォロワーを掲載していきます。
思いつく度に書いてある程度溜まったら投稿してしていき、いい案が思いついたら見やすくします😅

Anderson .Paak / アンダーソン・パーク

’14年に発行されたRolling Stone誌の「あなたが知るべき10人のアーティスト」の一人として選出されたオックスナード出身のシンガー/ラッパー/プロデューサーで、’16年のMALIBUで翌年のグラミー賞新人賞と最優秀アーバン・コンテンポラリー賞にノミネート、シングル“Bubblin”は’19年開催の第61回グラミー賞の最優秀ラップ・パフォーマンスを受賞しました。
プリンスの作品では特に初期の「For You」「Prince」「Dirty Mind」が好きと発言しています。

Big Mike Hart / ビッグ・マイク・ハート

カリフォルニア州サクラメント出身のプロデューサー兼マルチプレイヤーである“ビッグ・マイク”ことマイケル・ハート・ジュニア(Mike Hart, Jr.)
プリンスの他にJB、パーラメント、スライ&ザ・ファミリーストーンを愛し、デイヴ・ホリスタージェシー・Jキャリン・ホワイト(’13年にバンド・リーダーとして来日)等のセッション・ギタリストを務めながら’14年にYoung Man Old Soulをリリース。
’17年にリリースしたAlt3r 3goではシンボルマークの入ったシャツを着ています。

Buruno Mars / ブルーノ・マーズ

ハワイ州ホノルル出身で、’10年のDoo-Wops & Hooligansでデビュー、’16年の24k Magicも大ヒットで来日公演も果たしました。
ソロ以外にもB.o.Bとの“Nothin’ on You”やマーク・ロンソンとの”Uptown Funk”のヒットは記憶に新しい所く、数多くのヒット作を排出したことから“最も多くのグラミー賞を獲得したアーティスト”といったギネス記録も持っています。
プリンスもブルーノには好意を持ち手書きのメモを渡す程で、’17年のグラミー賞ではプリンスの相棒クラウド・ギターを持ちトリビュートを披露しました。

Caleb Hawley / ケイレブ・ホーリー

ミネアポリス生まれで現在はニューヨークに拠点を移して活動しているシンガー・ソング・ライターのケイレブ(カレブ・ホーリーやケイレブ・ホウレーと記載される事も)は、幼少期からゴスペルに触れ、祖父が愛聴していたレイ・チャールズに影響されたそうです。(モチロン、同郷のプリンスも)
’11年1月に放送された『アメリカン・アイドル』のシーズン10に出場、本戦に挑めませんでしたが’13年にシングル”Little Miss Sunshine”、翌’14年には「Side 1」、「Side 2」のEPをリリース(後に両面をまとめたLimited Editionをリリース)する等、着実にキャリアを積み、’17年のLove, Drugs, & Decisionsは日本盤もリリースされました。

Chris Dave (aka. Chris “Daddy” Dave) / クリス・デイヴ

’93年、ジャム&ルイスによるプロデュースによるミント・コンディションでデビュー(サポート・メンバー)、離脱後はセッション・ドラマーとしては、ロバート・グラスパー、マックスウェル、ミシェル・ンデゲオチェロ、ディアンジェロ等、数多くのプリンス・フォロワーと共演。
近年はChris Dave & the Drumhedzと自身のプロジェクトでも活動し来日公演も果たしています。

Daley / デイリー

イギリスのマンチェスター出身で、マックスウェル“Pretty Wings”をカヴァーした事で注目を浴び、’10年にGorillazの“Doncamatic”に客演。
同年末にイギリスのBBCで放送された新人アーティストにスポットを当てる「Sound of」で紹介され更に注目を浴びました。
’11年にポリドールと契約し無料EPThose Who Waitsで弾みをつけ、’14年プロデューサーにファレル・ウィリアムスザ・ルーツ達を迎えDays + Nightsでアルバム・デビューを果たしました。
’17年にThe Spectrumをリリース、’16年4月にはSoundcloudに”Sometimes It Snows In April”一節を公開、’18年4月にはフル・バージョンをアップしました。

Jamie Lidell / ジェイミー・リデル

イギリスのケンブリッジ生まれで’00年にMuddlin Gearでデビュー、’08年のJimで火が付き、ベックが6曲で参加した’10年のCompassは話題性もあり人気が出てきました。
80Sのエレクトリック・サウンドを取り入れた’13年のJamie Lidellではプリンスの様にトレンチ・コートを羽織って(中は着てます😃)パフォーマンスをしてました。
’15年にはプリンスとの共演でも知られるリアン・ラ・ハヴァスのBloodにソングライト&プロデューサーとして参加、’16年のBuilding A Beginningも良いアルバムでした。

Kamasi Washington / カマシ・ワシントン

ロサンゼルス生まれのサックス・プレーヤーで、’04年にロナード・ブルーナー・Jr.やサンダーキャット達とYoung Jazz Giantsでデビュー、翌年リーダー作の「Live At 5th Street Dick’s」をリリース。
’15年のThe Epicで脚光を浴び、’17年リリースのHeaven and Earthも大ヒットしました。
’16年4月に開催されたコーチェラでは自身の”Malcolm’s Theme”“1999”マッシュアップして演奏した事でも話題になりました。

Robert Glasper / ロバート・グラスパー

ヒューストン生まれのプロデューサーでジャズ・ピアニストで、’13年に行われた第55回グラミー賞でBlack Radioが最優秀R&Bアルバムを受賞。
数多くのアーティストと共演し、ドン・チードルが主演・脚本・監督によるMiles Aheadやマイルスのトリビュート作も好評等、現代ジャズ・R&Bシーンの中核をなす一人です。
’15年のカヴァー・アルバムCovered”Sign O’ The Times”を収録しようと打診するも許諾を得ることが出来ず断念、後にSoundcloudページにアップしました。

SEVEN / セブン

本国スイスでは大人気のアーティストで、雰囲気的にはイギリスのロビー・ウイリアムスやイタリアのマリオ・ビオンディといった感じ。
’15年のHOMEではシーラ・Eエリック・リーズDr.フィンクテイマー・デイヴィスを迎え、’15年のBackFunkLoveSoulでもプリンス風のファンク・ナンバーを披露、’17年の4COLORSは4色のテーマに合わせて楽曲を制作、そのうち1色は紫で、ゲストにはNPGのRad.を迎えています。

Starchild & The New Romantic / スターチャイルド&ザ・ニュー・ロマンティック

メリーランド州で生まれで’12年にEP「Night Music」を発表、’18年にLanguageでアルバム・デビューを果たします。
自身のfacebookには好きなアーティストの一人にプリンスを挙げ、デビュー・シングルのAll My Loversはミネアポリス・サウンドを意識したリズムとファルセット・ヴォイスを披露しています。

Tundercat / サンダーキャット

ロサンゼルス出身のベーシストで本名はステファン・ブルーナー(Stephen Bruner)、兄はプリンスと共演経験もあるロナルド・ブルーナー・Jr.、弟はジ・インターネット(The Internet)元メンバーのキンタロー(Jameel “KiNTaRO” Bruner)。
フライング・ロータス、カマシ・ワシントン、ケンドリック・ラマー等の作品に客演、自身のアルバムでは’17年リリースの3rdDrunkが日本でも話題になりました。
兄弟揃ってプリンス好きでインスタにも”Die 4 U”の替え歌を披露した事があります。
親日家としても有名で同作収録の”Tokyo”の他にも”Evangelion”という楽曲を発表しています。