アン・ネズビーが盟友ビッグ・ジム・ライトと共に作っていたアルバムを制作する為クラウド・ファンディングを立ち上げ

’19年4月、復活を遂げたジャム&ルイスのレーベル”Perspective Records / Flyte Tyme Productions”から第2弾としてリリースされた”Til I Found You”
(ちなみに第1弾はピーポ・ブライソン

ジャム&ルイスサウンズ・オブ・ブラックネス(Sounds Of Blackness)に加え、SOBの顔で脱退後もソロ・アーティストとして活躍しているアン・ネズビー(Ann Nesby)、同じく脱退後ジャム&ルイスの右腕として活躍したビッグ・ジム・ライト(James “Big Jim” Wright, Jimmy Wright)、ピーポ・ブライソンの他に、クリスティーナ・アギレラやレディシ、チャーリー・ウィルソン等のアルバムにも参加しているローレン・エヴァンス(Lauren Evans)が参加した夢の様な1曲でした。

ところが上記シングルをリリースする前となる2018年9月29日にビッグ・ジムが帰らぬ人となりました…

当時書いたブログは↓

アン・ネズビーがクラウド・ファンディングをスタート

悲しみの中でも夏に向けてプロジェクトが進んでるという噂だったんですが、ここにきてアン・ネズビーから新たな動きが…

 

アン・ネズビーがクラウド・ファンディングの“KICKSTARTER”を使ってビッグ・ジム・ライトと作っていた楽曲をまとめたアルバムを制作する様です。


 

ビッグ・シムについて

ビッグ・シムはジャム&ルイスの側に居た事で印象が薄いですが、アンを始め、パティ・ラベルマライア・キャリーアッシャーメアリー・J.ブライジチャカ・カーンジョニー・ギル等、数多くのプロデュースを担当しています。

ジャム&ルイスのプロジェクトではキーボードやコーラスでも参加、そこを含めればマイケル&ジャネット・ジャクソンキャリン・ホワイトライオネル・リッチーセリーヌ・ディオンジャスティン・ビーバーと数知れず…とR&B好きなら一度は聴いたことのアルバムにクレジットされてた人物です。


 

今回のプロジェクトは…

ざっくり言うとビッグ・ジムがアンと一緒に手掛けていたアルバムを完成させる為に必要な資金をクラウド・ファンディングで集めようというものです。

レコーディング風景

コースは色々

クラウド・ファンディングには色んなコースを用意。

  • $5以上….Legacy Bucks:簡単に言えば寄付で、お礼のメールが届きます
  • $10以上…“Get Ready” Single:シングル”Get Ready”が発売前に聴けます
  • $10以上…Autographed Limited Edition Prints:アン・ネズビーのサイン入りプリント(多分ポストカード・サイズ)
  • $15以上…THE DIGITAL ALBUM:Kickstarter購入者限定ボーナストラック入のデジタル・アルバム
  • $15以上…Ann Nesby’s Soulful Christmas:アトランタで行われたクリスマス・ライブのDVD
  • $25以上…Autographed Copy Of Physical Album:サイン入りCD、Kickstarter購入者限定ボーナストラック入のデジタル・アルバム

ちなみに、輸送費は別なんでAutographed Copy Of Physical Albumは$25だけど日本への送料$35なので計$60とかなり高額になります😭

以降はサイン入りCDに加え過去作のアナログや販促グッズなど色々あります。
面白いのはアメリカ限定ですが、アン・ネズビーがソウルフル・キャセロール等を作ってくれるってのもありました😃

https://www.kickstarter.com/projects/annnesby1/ann-nesby-get-ready

なかなかハードルが高い設定

クラウド・ファンディングの期限は2019年7月25日で目標額が日本円で10,831,947円
Kickstarterのファンディング方式はall-or-nothing、つまり目標額に達しなければ請求は発生しないという厳しい方式です。

そんな方式なだけに達成するか心配です…(´Д`;)