ペイズリー・パーク・ミュージアムがどうにかオープン

土壇場で駐車場や安全面の問題が指摘され、オープンが危ぶまれていたペイズリー・パークのミュージアムですが、シャトルバスを臨時運行する事でどうにか回避された様です。

とは言え、ここまで二転三転したので無理矢理日程を変更した人や断念してキャンセルした人等きっといるでしょうね。

渋滞とか普通に考えれば簡単に想像出来たハズだし、6日、8日、14日の3日のみって発表する前に市議会を説得するとか、とにかく全てにおいて根回しがヘタクソですね。

まぁ何にしても行かれた方が無事観覧出来て良かったです。

ミュージアムについてはお友達のタッチーさんが丁寧にレポートを書かれてるのでそちらをご覧ください('-')

「トラベル Watch」でも紹介されてたのでリンクを貼っておきます。

今後、上記の駐車場問題とかフェンスを塀に変えるとか色んな面を改善し、来年辺りはキチンとするんでしょうしょうけど、個人的に一番改善して欲しいのはプリンスの骨壺(この字をタイプする事すら嫌です)問題!

正直このブログ自体書こうか悩んだけど事実として記録しときたかったから画像も貼っておきます。

ソレはまるでシルバニアーファミリーのドールハウス。

この世を去った事は理解してるし受け止めてはいるけど、コレを飾ってファンが喜ぶとでも本気で思ってるのかな??

普通なら親族が止めそうなもんだけど、プリンスの妹タイカと甥にあたるプレジデント・ネルソンによるデザインだから親族がノリノリでやってる訳ですよ・・・

なんでパークの中にパーク作るのか理解出来ない。
百歩譲って作るなら、シンボルマーク型とかにしてよ。

感覚として”プリンスはペイズリーパークを包んだ感じで居る・・・”って思いたいのに実体とかいらないんだよね。

有名人の墓を掘り起こすバカがいるからキチンと管理したいのは賛成だから、せめて未発表曲の眠る例の金庫の中に静かに保管してくれたがいいと思うんだけどな。

署名でどうにかなるなら何回でも書くんだけど!

ペイズリー・パーク一・ミュージアムを運営する会社幹部、ジョエル・ウェインシャンカー氏が・・・

”これまで2カ月間、ペイズリー・パークの一般公開に向けて働いてきましたが、ついにオープンの日を迎えました。”

・・・って言ったそう。

あんだけ完璧主義のプリンスのミュージアムをたった2ヶ月でオープンする事自体間違ってる。

パークの一般公開をプリンスが望んでたのは前から言われてる事で、それ自体は本人の意思なんだけど、こうじゃないんだよねぇ(´・ω・`)

プリンスは本当に素晴らしいアーティストで先見の明があったけど、こうなる事を予想して何かしら対策を打っといて欲しかった・・・

これ以上酷い事になりませんように…