Vanity 6 / Vanity 6 (’82)

ヴァニティ6 / セクシー・ハリケーン

アルバム情報

Released:1982/8/11 | Label: Warner Bros.

Track List

  1. Nasty Girl (5:10) P
  2. Wet Dream (4:12) P
  3. Drive Me Wild (2:31) P
  4. He’s So Dull (2:32) P
  5. If A Girl Answers (Don’t Hang Up) (5:34) P
  6. Make-Up (2:40) P
  7. Bite The Beat (3:12) P
  8. 3 x 2 = 6 (5:24) P

Personnel

Produce, Arranged, Composed

  • Prince (credited The Starr Company and Vanity 6)
  • Dez Dickerson (4)

Written

  • Prince (credited Vanity 6) (1, 2)
  • Prince (credited Susan Moonsie) (3, 6)
  • Prince (credited Vanity) (8)
  • Prince, Terry Lewis (credited Terry Lewis,Vanity 6) (5)
  • Prince, Jesse Johnson (credited Brenda Bennett,Jesse Johnson) (7)
  • Dez Dickerson (credited Dez Dickerson, Vanity) (4)

Member

  • Vanity (lead vocals) (1, 2, 4, 8) (co-lead vocals) (5)
  • Brenda Bennett (lead vocals) (7) (co-lead vocals) (5)
  • Susan Moonsie (lead vocals) (3, 5, 6)

Musician

  • Prince (all instruments) (credited The Time)
  • Dez Dickerson (drums) (4, 8) (guitar) (4)
  • Jesse Johnson (guitar, bass, keyboards) (7)

アルバム・レビュー

3人なのに6と付けられたのは胸の数、衣装はランジェリー姿、拒否されたから良かったけどメイン・ヴォーカルのヴァニティは女性のあそこの名前にしようとしたりと、プリンスのセクシャリティ全開の頃ののユニットのデビュー・アルバムです。

プロデュースは一応ヴァニティ6が共同クレジットされてますが、実際はザ・タイムと同様、“The Starr★Company”という偽名でプリンスがコントロールしています。
演奏もクレジット上はザ・タイムとなってますが、実際はプリンスが演奏で一部デズ・デッカーソンとジェシー・ジョンソンが参加してます。

サウンドは「Controversy」頃のエレクトロ・ポップ・ソングが中心で、デズが書いたファースト・シングルの“He So Dull”は、80年代初めの明るくてキャッチーな楽曲でしたがヒットしませんでしたが、続く2ndシングルの“Nasty Girl”が大ヒット。
日本盤の訳詞はオリジナルに比べてかなり柔らかく書かれていますが、“Nasty Girl”は本国で当然放送禁止そうなると聴きたい衝動にかられラジオ等では大ヒットしディスコ・チャートでは1位を獲得しています。
この2曲を聴き比べればデズとプリンスのサウンド面での格の違いが如実に表れてます。
歌詞のエロティシズムさも比較になりませんが、まぁそこはヴァニティ6の方向性をプリンスがやっている以上しかたのない事かもしれません。

歌詞が強烈なのは他の楽曲もそうで、“Wet Dream”“Bite The Beat”なんかはオーラル・セックスの事を歌う等、今の時代では考えられない強烈なものばかりです。
サウンド面ではテリーが参加した5分半の大作”If A Girl Answers (Don’t Hang Up)”が後のジャム&ルイス・サウンド感じさせる1曲で聴き応えがあります。

アルバムも好評で映画『Purple Rain』に出演する予定でしたが、プリンスの彼女だったヴァニティとの仲が決裂し脱退&ソロに転向。急遽オーディションで選ばれたパトリシア・コステロが代わりにアポロニアに改名しアポロニア6として再結成さました。

Music Video

Inaya Dayのカヴァー

’04年にInaya Dayによってカヴァーされています。

Related Artists'80s, P-Produce, P-Writer

Posted by KID