I Am The Storm / Tamar Davis (’16)

テイマー・デイヴィス / アイ・アム・ザ・ストーム

アルバム情報

Released:2016/9/29 | Label: Syren Music Group

Track List

  1. I Am the Storm (4:13)
  2. New Day (4:55)
  3. Snapshot of Love (3:35)
  4. When I Dream (4:22)
  5. I Wanna Be Free (3:41)
  6. Rock On (4:05)
  7. Apple Tree (2:43)
  8. All Life Long (3:31)
  9. Sweet Music (3:58)
  10. Gift of Goodbye (4:39)
  11. Let’s Get-a-Way (2:44)
  12. #Fleek (2:42)
  13. Recharge Me (4:28)

Personnel

Produce, Arranged, Composed

  • Tamar Davis

アルバム・レビュー

’16年は米オーディション番組「The Voice」の第10シーズンにチャレンジ、クリスティーナ・アギレラのチームとして参戦するも敗戦してしまいましたが、ここでの経験を活かしアルバム制作を開始、この年の6月に新曲“#Fleek”をリリース、3か月後に念願の2ndアルバムをリリースしました。

アルバムはデジタル配信(後にフィジカルもリリース)されるものの、詳細のクレジットが記載されてないので参加ミュージシャンやプロデューサー等は不明です。
ただ、Soundcloudのページには“A project seven years in the making”と書いてあったので「My Name Tamar」の頃に作って本作で披露した楽曲も含まれているでしょう。
また”the album kicks off in high gear with a soul-stirring musical tribute to Prince. ”とも書かれているので4月に悲劇以降に書かれた曲もあると思われます。

アルバムに先立ち公開されたた“I Wanna Be Free”はシンプルなビートをバックに徐々に高揚する熱唱タイプの1曲。この他、ハードロック・テイストのタイトル・トラック“I Am The Storm”、インディア・アリーとかが好きな人には好感が持たれそうなオーガニック・ソウルの“New Day”“Sweet Music”、80SのR&Bダンス・ナンバーっぽい“Rock On”“Recharge Me”、90年代のガールズ・ヒップ・ホップ・テイストの“Let’s Get-a-Way”等、方向性を絞らず様々なジャンルを詰め込んだ1枚になっています。
良い言い方をするなら色んなテイマーを楽しむ事が出来ます。

こういう独自路線もいいけど、NPGに呼ばれて来日公演もした事だしプリンス・ファミリーの力を借りてがっつりミネアポリス・サウンドのアルバムに再びチャレンジしてくれると嬉しいんですけどね・・・

Music Video