Taja Sevelle / Taja Sevelle (’87)

タジャ・シヴィル / タジャ・シヴィル

アルバム情報

Released:1987/9/19 | Label: Paisley Park Records, Warner Bros.

Track List

  1. Love Is Contagious (4:38)
  2. Wouldn’t You Love To Love Me? (4:06) P
  3. Popular (4:53)
  4. How Could You Do Me So Bad? (4:22)
  5. Take Me For A Ride (4:29)
  6. If I Could Get Your Attention (3:43) P
  7. Infatuation (4:32)
  8. Baby’s Got A Lover (3:02)
  9. Mama 16 (4:32)
  10. Fly For Your Painted Rainbow (4:13)

Personnel

Produce

  • Prince (credit to Chico Bennett) (2, 6)
  • Chico Bennett (all) (arrangement) (6)
  • Michael “Mo” Austin, Benny Medina (executive produce)

Written

  • Prince (Prince, Taja Sevelle) (2)
  • Prince, Taja Sevelle (6)

Musician

  • Prince (all instruments)
  • Eric Leeds (saxophone) (2)
  • Benny Medina (vocals) (2)
  • Michael “Mi” Austin (vocals) (2)
  • Greg Porter (guitar) (6)

アルバム・レビュー

’87年、地元ミネアポリスで音楽活動をしながら送ったデモ・テープがプリンスの目に止まり、シーラ・E、ジル・ジョーンズに続きペイズリー・パーク3人目の女性アーティストとしてデビューしました。

エグゼクティブ・プロデューサーには当時のワーナーの会長の息子マイケルが担当というレーベルを上げて応援。
その関係なのか自身のレーベルにも関わらず、プロデューサーには後にブリトニー・スピアーズやレディ・ガガを手掛けるチコ・ベネットが参加、プリンスは2曲の提供(クレジット上はけもチコのプロデュースとなってますがプリンス)にとどまってます。

タジャのファルセットを活かした涼やかなデビュー・シングルの“Love Is Contagious”やキラキラしたシンセ・サウンドが当時のR&Bを象徴する“How Could You Do Me So Bad? (さよならさえ言えない)”等、良い楽曲がありますが、プリンス・ファンとしてはエリック・リーズのサックスも印象的なグルーヴ感のある“Wouldn’t You Love To Love Me?”、そして’15年にTIDAL経由でセルフ・カヴァーを発表しファンを驚かせた”If I Could Get Your Attention“が魅力的です。
(’17年にはキャット・グラハムもカヴァーしました。)

Love Music Funk Magic / Kat Graham (’17)|NPG Music Blog

個人的にはエグゼクティブ・プロデューサー陣にもっと上手くプリンスの起用してたら良かったのにな….って感じで勿体無い1枚です。

Music Video

プリンス・バージョン

’15年に公開されたプリンスのセルフ・カヴァーです。

2018-05-25Related Artists'80s, P-Produce, P-Writer, Paisley Park

Posted by KID