The Invisible Man: An Orchestral Tribute To Dr. Dre / SLY5THAVE (’17)

スライフィフスアベニュー / ジ・インヴィジブル・マン:アン・オーケストラ・トリビュート・トゥ・ドクター・ドレー

アルバム情報

Released:2017/11/17 | Label: Tru Thoughts

 

Track List

  1. Shiznit (feat. Jesse Fischer) (4:34)
  2. California Love (feat. Cory Henry) (6:22)
  3. Drelude for Woo (feat. Mark de Clive Lowe) (0:58)
  4. Forgot About Dre (1:53)
  5. Interlude #2 (feat. Zach Brock) (2:59)
  6. No Diggity (feat. Sydney Driver) (3:25)
  7. The Jam (feat. Matthias “Pedals" Loescher) (1:11)
  8. Who Am I (feat. Paul Wilson) (2:07)
  9. The Jam, Pt. II (feat. Paul Wilson) (1:56)
  10. I’d Rather Be With You (feat. Melissa McMillan) (4:00)
  11. Curtis (feat. Patrick Bailey) (2:32)
  12. Still D.R.E. (4:47)
  13. The Jam, Pt. III (2:00)
  14. My Name Is (feat. Robert “Sput"n Searight) (1:30)
  15. Interlude #3 (feat. DJ Center) (2:10)
  16. Guilty Conscience (1:17)
  17. Interlude #4 (2:36)
  18. Nuthin’ But A “G" Thang (feat. Brad Allen Williams) (3:19)
  19. Interlude #5 (1:11)
  20. Let Me Ride (feat. Jimetta Rose) [Radio Edit] (4:19)
  21. The Edge (feat. Quantic) (2:50)
  22. Next Episode (3:45)
  23. Peace (1:28)
  24. The Jam feat. Matthias “Pedals" Loescher [Full] (5:23) (bonustrack for Japan)
  25. The Jam Part II feat. Paul Wilson [Full] (2:49) (bonustrack for Japan)

Personnel

Produce, Arranged

  • Sly 5th Ave

Musician

  • Sydney Driver (drums)
  • Nate Werth (percussion)
  • Antoine Katz (bass)
  • Matthias “Pedals" Loescher (guitar)
  • Paul “Bae Bro" Wilson (keybords, Synths)
  • Kevin Moehringer, Nadav Nirenberg, Raymond James Mason (trombone)
  • Clynt Yerkes, Jay Jennings, Todd Simon (trumpet)
  • Jon Carroll, Laura Brenes, Lis Rubard (french horn)
  • Chanel Crichlow, Juliane Gralle (tuba)
  • David Moyer, Ian Roller, Sylvester Onyejiaka (woodwind)
  • Adriana Molello, Juliette Jones (violin)
  • Eric Cooper (cello)
  • Todd Simon (glockenspiel)

Special Guests

  • Cory Henry (moog) (2)
  • Mark De Clive-Lowe (keybords, Synth) (3)
  • Robert “Sput" Searight (clavinet) (4)
  • Melissa McMillan (vocal) (10)
  • Patrick Bailey (guitar) (11)
  • Jimetta Rose (vocal) (20)
  • Jesse Fischer (synth) (1, 20)
  • Quantic (guitar) (21)
  • Brad Allen Williams (guitar) (18)
  • DJ Center (scratches) (15)
  • Zach Brock (violin) (5)

アルバム・レビュー

’15年11月、LAのウィルシャー・エベル・シアターでコンプトンに音楽学校を新設する為の資金集めのチャリティ・コンサートが開催されました。
コンプトンと言えばドクター・ドレーイジー・E達が結成したヒップ・ホップ・ユニット“N.W.A."誕生の地で、’15年に映画『STRAIGH-OUTTA-COMPTON (ストレイト・アウタ・コンプトン)』の舞台となった事でも有名ですね。
スライ達のバンドは会場でフル・オーケストラをバックに“ドクター・ドレー・トリビュート・ライブ"を開催。
この様子を会場に来ていたドレー本人が感銘を受け、スタジオ・アルバムとして完成させたのが本作です。

ゲストにはクァンティック(Quantic)やスナーキー・パピー(Snarky Puppy)、メリッサ・マクミラン(Melissa McMillan)、ジエッタ・ローズ(Jimetta Rose)等多彩なゲストを迎えています('-')

リード・トラックはドレーのデビュー作The Chronic収録の“Let Me Ride"で客演にクアンティックやカマシ・ワシントンのアルバムにも参加しているジェッタ・ローズが参加、オリジナルの迫力と対極のジャジーな仕上がりだけど、オリジナルの持つカッコ良さを上手く取り入れてるのが凄いです。

オープニングはスヌー・プ・ドッグのデビュー・アルバム「Doggy Style」収録の“Shiznit"で、オリジナルのバック・トラックもジャジーでしたがこちらはストリングの厚みが増しゴージャスなサウンドになっています。

この他、2 Pacの“California Love"、エミネムが参加した“Forgot About Dre"、ブラックストリートが参加した“No Diggity"、スヌープやネイトが参加した“The Next Episode"等、聴いてると”あー!”と思い出す有名曲が新たな装いで楽しむことが出来ます。
オリジナルを知らなくても楽しめるし、これを機にドレーの楽曲を聴いてみるキッカケになっても面白いと思います。

↓でフル視聴出来ます。

Music Video

2018-06-19