Mazarati 2 / Mazarati (’89)

マザラティ / マザラティ2

アルバム情報

Released:1989 (for NA)| Label: MOTOWN

Track List

  1. Words (4:32)
  2. The Saga Of A Man (5:32)
  3. The Woman Thang (5:26)
  4. Something’s Going On (3:27)
  5. Seduction (4:16)
  6. Up All Night (4:24)
  7. Don’t Leave Me Baby (4:43)
  8. Betcha (3:44)
  9. One Girl (4:02)

Personnel

Executive Producer

  • Debbie Sandridge

Producer

  • Dick Rudolph, Michael Sembello (1)
  • Bernadette Cooper (2, 3)
  • Brownmark (4-9)

Written

  • Michael Sembello (1)
  • James Wilson III (2)
  • Bernadette Cooper (3)
  • Brownmark (4-6)
  • Terry Casey (7)
  • David Paich, Steve Porcaro, Victor Anthony (8)
  • Gary Miller, Jerome Wilson, Terry Casey (9)

Member

  • Sir Casey Terry (Vocal)
  • Greg Sane [aka G-Sharp] (Vocal)
  • Craig “Screamer" Powell (lead guitar, backing vocals)
  • Jerome “Romeo" Cox [aka Romeo Woodson] (Bass)
  • Kevin Patrick (Drums, Percussion)
  • Dan Satterburg (Keyboards, backing vocals)
  • Morris Haze [aka Mr.Hayes, Morris Hayes] (Keyboards, backing vocals)

Aditional Musician

  • Lenny Holmes (guitar) (1,3)
  • Loreena Hardin (backing vocals) (2)
  • Michael Norfleet (Keyboards, backing vocals) (3)
  • Derek Allen (bass) (3)
  • Aaron Paul “Ace" Keith [aka Aaron Keith] (Keyboards) (4, 5-9)
  • Floyd Liscomb (4, 5-9)
  • Lawrence Gravely (4, 5-9)
  • Lenny Holmes (4, 5-9)

アルバム・レビュー

The RevolutionのブラウンマークとデヴィッドZが全面バックアップし、’86年にペイズリー・パークの第4弾アーティストとしてデビューしたマザラティ
ところがザ・レヴォリューションが解散した事でマザラティも解散するかと思いきや、ブラウンマークがモータウンに移籍する際に彼らも移籍しました。

ヴォーカルにグレッグを追加しメンバーも一部変更、新加入の中にはNPGの名キーボード・プレイヤーとなるモーリス・ヘイズもクレジットされています。
プロデューサーにはブラウンマークの他にクライマックス(Klymaxx)のバマデッテ・クーパーやジャーメイン・ジャクソンを手掛けたディック・ルドルフが参加。
バマデックによる当時流行したニュー・ジャック・スウィングをベースにした“The Saga Of A Man"“The Woman Thang"の2曲をシングル・カット、アルバムも北米でリリースされるものの、契約のトラブルなのか世界展開されず”幻のアルバム”と言われる1枚になってしまいました。

 

2018-05-25