The Voice / Mavis Staples (’93)

メイヴィス・ステイプルズ / ザ・ヴォイス

アルバム情報

Released:1993/8/24 | Label: Paisley Park Records, Warner Bros.

Track List

1993 Releace

  1. The Voice (4:14) P
  2. House In Order (4:44) P
  3. Blood Is Thicker Than Time (3:13) P
  4. You Will Be Moved (4:12) P
  5. All Because Of You (5:06)
  6. The Undertaker (7:26) P
  7. Melody Cool (3:46) P
  8. Kain’t Turn Back (4:03)
  9. I’ll Be Right There (4:03)
  10. A Man Called Jesus (3:56) P
  11. Why (4:27)
  12. Positivity (4:34) P

1995 re-issued

  1. Blood Is Thicker Than Time (3:13)
  2. I’ll Be Right There (4:03)
  3. Why (4:27)
  4. House In Order (4:44)
  5. All Because Of You (5:06)
  6. A Man Called Jesus (3:56)
  7. Kain’t Turn Back (4:03)
  8. Come Home (5:29) P
  9. You Will Be Moved (4:12)
  10. The Voice (4:14)
  11. The Undertaker (7:26)
  12. Melody Cool (3:46)
  13. Positivity (4:34)

1995年の再販版には”Come Home”が追加収録。

Personnel

Exective Producer

  • Prince

Produce, Arranged

  • Prince (1, 7)
  • Ricky Peterson (2-4, 6, 10, 12)
  • Dany Madden (5, 11)
  • Bernard Belle (8)
  • Gordon Williams, Emanuel R.LeBlanc (9)

Written

  • Prince (2, 3, 4, 7, 10, 12) + “Come Home”
  • Prince, Rosie Gaines, Francis Jules (1)
  • Prince, Tommy Barbarella, Michael B., Levi Seacer, Jr., Sonny T. (6)

Additional Musician

  • Prince (all instruments) (1, 7, 10, 12)+(“Come House”)
  • Levi Seacer, Jr. (guitar, bass, vocals) (1, 2, 3, 4, 6, 12)
  • Rosie Gaines (keyboards, vocals) (1, 2)
  • Kirk Johnson (percussion, keyboards, vocals) (1, 4, 12)
  • Tony M. (vocals) (1)
  • Michael B. (drums) (2, 3, 6)
  • Tommy Barbarella (keyboards) (2, 6)
  • Sonny T. (bass) (6)
  • Ricky Peterson (organ, keyboards, bass, drum programming, synthesizer) (2, 6, 4, 10, 12)
  • St. Paul Peterson (bass, guitar) (2, 3, 4, 6, 7, 10)
  • Eric Leeds (saxophone) (2)+(“Come House”)
  • Brian Gallagher, Dave Jensen, Kathy Jensen, Michael Nelson, Steve Strand (horns) (6)
  • Billy Franze (guitar) (3, 4)
  • David Barry (guitar) (3, 4)
  • Pops Staples (guitar, vocals) (4, 6)
  • Candy Dulfer (saxophone) (10)
  • Margie Cox (vocals) (10)
  • Sheila E. (vocals, drums) (10,12)
  • The Steels (Fred, JD,Jearlyn, Jevetta Steele) (background vocals) (2, 3, 4, 6, 7, 12)
  • Janice Steele (background vocals) (12)
  • Miko Weaver (guitar) (12)
  • Boni Boyer (keyboards) (12)
  • Dr. Fink (keyboards) (12)
  • Atlanta Bliss (trumpet) (“Come House”)

アルバム・レビュー

’89年にリリースした前作「Time Waits For No One」後、プリンスの主演映画『Graffiti Bridge』ではテヴィン・キャンベルの母親役として出演し、”Melody Cool”他を歌う等、ペイズリー・パークのアーティストとして活動しているメイヴィス。
本作はプリンスの改名宣言が報道された’93年にリリースされた、前作から約4年振りのアルバムです。

全8曲中、6曲(2曲は別プロジェクト)に関与しプリンスの意気込みが見られた前作に対し、今作では全12曲中、8曲(1部共作)を制作していますが、実際にプロデュースしたのは前述の映画で使用された“Melody Cool”とペイズリー・パーク名義ですが“The Voice”の2曲に留まっています。
とはいえ、エグゼクティブ・プロデューサーはプリンスで、自分が作った曲は「Come」でも仕事をしているブレインのリッキー・ピーターソンらが担当しているしミュージシャンとして参加している作品もあるので”名前貸し”という感じではないです。

当時(’91年)ニュースになったロドニー・キング事件に対する”声”としてプリンスとロージーが共作した重量級のFunkナンバーの“The Voice”、バックに「Graffiti Bridge」や「Diamond & Pearls」で参加したスティールズのゴスペル・ワークをバックに疾走感のあるFunkを熱唱する“House In Order”、一転してスロー・テンポで切々と歌うゴスペル調の“Blood Is Thicker Than Time”、ビデオThe Undertakerでも歌われている楽曲のメイヴィス版の“The Undertaker”、キャンディ・ダルファーをゲストに迎え”Party Man”を連想させるスピード感のあるヒップなナンバーの“A Man Called Jesus”、そしてラストはLovesexyに収録されていた“Positivity”をより力強いグルーヴにアレンジした作品が収録されています。
全体的なサウンドは当時(Prince & The NPG)の作風に近い形ではありますが、サウンドに負けないメイヴィスの圧倒的な歌唱力が楽しめる作品になっていると思います。

Music Video

1995年リイシュー盤

’95年に再販されたアルバムは曲順が変更され、「Time Waits For No One」の“Come Home”が再び収録されています。

 

2018-05-26

Posted by KID