2wo 4our 1ne / Ric Alexander & Levi Seacer Jr. (’10)

リック・アレキサンダー&リーヴァイ・シーサー,Jr. / 241

アルバム情報

Released:2010/6/14 | Label: Jazzy Jamz

Track List

  1. 25 (Bopp!) (5:27)
  2. Slow Rush (5:08)
  3. Keep It Simple Steppin (Instrumental) (4:18)
  4. Our Love (feat. Michelle Hailey) (5:21)
  5. Kebasa Gupe Dr. (6:05)
  6. Doubletake (3:00)
  7. Get Blue (5:42) P
  8. International Blvd. (6:22)
  9. 2wo 4our 1ne (feat. Nelson Braxton) (4:07)
  10. Pleasant Interruption (feat. Carl Wheeler) (2:45)
  11. Warm Summer Night (4:40)
  12. Keep It Simple Steppin (feat. Tony Lindsay & Michelle Hailey) (4:35)

Personnel

Produce, Arranged, Composed

  • Levi Seacer, Jr. & Ric Alexander

Written

  • Levi Seacer, Jr. & Ric Alexander
  • Levi Seacer, Jr. & Ric Alexander, Michelle Hailey, D’Wayne Wiggins (3)
  • Charles Jackson, Marvin Yancy (4)
  • Prince, Levi Seacer, Jr. (7)
  • Carl Wheeler, Michelle Hailey (10)
  • Nile Rodgers, Bernard Edwards (11)

Additional Musician

  • Steve Carter (keybords) (1, 8)
  • Carl Wheeler (keybords) (4, 10)
  • Michelle Hailey (vocal)
  • Aaron Green (drums) (5)
  • Michael Blankenship (keybords) (6)
  • Lorenzo Hawkins (keybords) (6)
  • Elijah Green (bass) (6)
  • Deric Hughes (vocal) (7)
  • Dante “Taz" Roberson (drums) (8)
  • Gino Blacknell (keybords) (9)
  • Billy Johnson (drums) (9)
  • Nelson Braxton (bass) (9)
  • Tony Lindsay (12)

アルバム・レビュー

NPGを離れた後、サウンド・オブ・ブラックネスやデリック・ホッジス等のプロデューサーとして活躍、その他トニー・トニー・トニーのライブで演奏等と裏方的な仕事が多かったのですが、リーヴァイと同じくシーラ・Eやトニー・トニー・トニー等と共演経験のあるサックス・プレイヤーのリック・アレキサンダーとコラボ・アルバムを’10年にリリースしました。

開幕の“25 (Bopp!)"はクレジットには記載されてませんがSign O’ The Times”It’s Gonna Be A Beautiful Night”を内包した一曲(クレジット書かなくて怒られないのかな?)。
プリンス関連ではルイ・ルイのLet’s Get Startedに提供した”Get Blue”をカヴァーと渋い所を突いてます。
カヴァーでは同じくトニー・トニー・トニー達のアルバムに参加していたミシェル・ヘイリーをヴォーカルに迎えたナタリー・コール“Our Love"CHICの名曲“Warm Summer Night"も素敵です。

オリジナルではリックとリーヴァイによるサックスとギターの絡みがカッコイイ疾走感のある“Slow Rush"やコンガのリズムが中米サウンドを醸し出す“Doubletake"“Kebasa Gupe Dr."等も良いです。

プリンスとは揉めたけど優秀なプロデューサーだっただけにもっと活躍して欲しいアーティストの一人です。

Music Video