Raise Up / Larry Graham & Graham Central Station (’12)

ラリー・グラハム&グラハム・セントラル・ステーション / レイズ・アップ

アルバム情報

Released:2012/9/25 | Label: Moosicus Records

Track List

  1. GCS Drumline (1:24)
  2. Throw-N-Down The Funk (6:44)
  3. It’s Alright (The New Master) (3:34)
  4. Raise Up (5:35) P
  5. Shoulda Coulda Woulda (4:47) P
  6. Welcome 2 Our World (1:01)
  7. It Ain’t No Fun To Me (The New Master) (6:09)
  8. Higher Ground (4:55)
  9. No Way (7:05)
  10. Hold You Close (5:07)
  11. Movin’ (4:57) P
  12. Now Do U Wanna Dance (The New Master) (5:35)
  13. One Day (6:44)

Personnel

Produce, Arranged

  • Larry Graham

Written

  • Larry Graham
  • Al Green (7)
  • Stevie Wonder (8)

Musician

  • Larry Graham (vocals, bass guitar, electronic drums, keyboards)
  • Prince (drums, guitar, keyboards, background vocals) (4,5) (guitar) (11)
  • James McKinney (Cymbals) (1) (keyboards, vocals) (2, 3, 7, 8, 12) (vocoder) (4) (vocals) (6, 11)
  • Brian Braziel (drum) (1-3, 7, 8, 11, 12)
  • Ashling Cole (Whistle) (1) (vocals) (2, 3, 6-8, 11, 12, 13)
  • David Council (drums) (1) (keyboards, vocals) (2, 3, 7, 8, 11, 12) (vocals) (6)
  • Wilton Rab (drums) (1) (guitar, vocal) (2, 3, 7, 8, 12) (vocals) (6, 11, 13)
  • Michael Millfield Molhead (Trumpet & Trpmbone) (3, 8)
  • Tina Graham (vocals) (9, 13)
  • Latia Eittreim (vocals) (9)
  • Mario Dawson (drums) (9, 10)
  • Mike Scott (guitar) (9, 10)
  • Támar Davis (vocals) (11)
  • Chance Howard (vocals) (11)
  • Raphael Sadiq (guitar,vocals) (13)
  • Rob Bacon (guitar) (13)
  • Lamar Carter (drums) (13)

アルバム・レビュー

プロデューサーはラリー本人で、全13曲中、9曲のオリジナル、2曲のセルフ・カヴァー、2曲のカヴァーで構成。
メンバーは’10年の来日公演と同じ編成で、ゲストにはプリンスとラファエル・サディークが参加しています。

プリンスの“Sign Of The Times”を連想させる様なマーチング・ドラムの様な“GCS Drumline”から始まり、ラリーを含む6人のメンバーのソロ・パートを入れたバンド紹介的な6分44秒に及ぶノリノリのファンキーなナンバー“Thow-n-Down the Funk”で一気に盛り上がります!

プリンス関連は、4・5・9・10・11がペイズリー・パークで録音。
“Raise Up”“Shoulda Coulda Woulda”はラリーとプリンスの2人でプレイし、ベース以外の楽器とコーラスはプリンスが担当しています。
他ではプリンスがギター、テイマー・デイヴィスとチャンス・ハワードがヴォーカルで参加した“Movin'”、プリンスは直接関与はしてませんが“Rave In2 The Joy Fantastic”に参加していたギターのマイク・スコットがプレイしている“Hold You Close”等から、サウンド・スタイル等も含め上記の5曲は以前録音していたのを今回のアルバムに収録した感じですね。

セルフ・カヴァーではドライブ感のある’75年の名曲“It’s Alright”、正確にはアル・グリーンのオリジナルですがラリー版の方が断然カッコイイ“It’s Ain’t No Fun To Me”、そして’77年に収録した“Now Do You Wanna Dance”のどれも今風にアレンジされてて違和感がありません。
またスティーヴィー・ワンダーの名曲“Higher Ground”が収録、 アシュリング・コールのヴォーカルはややパワフルさにかけますが全体的なアレンジが良いです。

そしてラストにはラファエル・サディークが参加したシックな“One Day”もラストにピッタリです。
約13年振りの新作は未だ衰える事を知らないラリーのベースが冴えわたる1枚でです。

Interview

Related Artists'10s, P-Featuring

Posted by KID