Here It Is / Jevetta Steele (’91)

ジェヴェッタ・スティール / コーリング・ユー・フロム・ジェヴェッタ

アルバム情報

Released:1991/5/28 / 1993/8/10 | Label: Une Musique / Columbia Records

Track List

1991 Version

  1. Say A Little Prayer For You (5:21)
  2. Baby, Are You? (3:36)
  3. And How (4:23) P
  4. You’re Gonna Love Me (4:43)
  5. Here It Is (4:12)
  6. Calling You (5:21)
  7. In This Man’s World (4:55)
  8. Good Foot (3:40)
  9. Skip 2 My U My Darling (4:23) P
  10. Where Do We Go From Here? (4:29)
  11. Love Will Follow (5:02)

1993 Version

  1. All In Time (4:58)
  2. Hold Me (4:37) P
  3. Where Do We Go From Here? (4:15)
  4. Good Foot (4:09)
  5. Calling You (5:19)
  6. Love Is A Losing Game (4:30)
  7. Here It Is (4:12)
  8. Baby, Are You? (3:36)
  9. If You Want My Lovin’ (5:43)
  10. Open Book (5:09) P
  11. Say A Little Prayer For You (5:21)
  12. Love Will Follow (5:02)

Personnel

Produce (’91)

  • Ricky Peterson, Tommy LiPuma (1-4, 8-11)
  • Maurice White, Bill Meyers (5)
  • Bob Telson (6)
  • Arif Mardin (7)

Written (’91)

  • Burt Bacharach, Al David (1)
  • Gerry Stober, Susan Pomerantz (2)
  • Prince, David Z. Rivkin and Levi Seacer, Jr. (3)
  • Cynthia Weil, Barry Man (4)
  • Charles Fearing, Clarence
  • McDanald, Sammi McKinney (5)
  • Bob Telson (6)
  • Dyna Brein, Lincoln Adler (7)
  • Phillip L. Stewart II, Nicki Richards (8)
  • Prince, Jevetta Steele and Levi Seacer, Jr. (9)
  • Adrienne Anderson, Tom Snow (10)
  • Kenny Loggins, Tom Snow (11)

Musician (’91)

  • Ricky Peterson (all instruments) (3) (keyboards) (9)
  • St. Paul Peterson (all instruments) (3) (guitar) (9)
  • Fred Steele (background vocals) (3, 9)
  • JD Steele (background vocals) (3, 9)
  • Jearlyn Steele (background vocals) (3, 9)
  • Levi Seacer, Jr. (keyboards, guitar and drum programming) (9)
  • Billy Steele (background vocals, organ and rap) (9)
  • Cynthia Johnson (back vocal) (1, 4)

Produce (’93)

  • Levi Seacer Jr. (1, 5, 9)
  • Prince (as Paisley Park) (2, 10)
  • Ricky Peterson,Tommy LiPuma (3, 4, 8)

Written (’93)

  • Jevetta Steele
  • Levi Seacer, Jr., J.D. Steele, Jevetta Steele (1)
  • Prince (2)
  • A. Anderson (3)
  • Bruce Gaitsch, Richard Marx, Bob Telson, Hank Williams (5)
  • Levi Seacer, Jr., Jevetta Steele (9)
  • Prince, Martika, Levi Seacer, Jr. (10)
  • Burt Bacharach, Al David (11)
  • Kenny Loggins, Tom Snow (12)

Musician (’93)

  • Prince (background vocals) (10)
  • Levi Seacer, Jr. (guitar) (all instruments) (10)
  • Sonny T. (bass guitar) (2)
  • Michael B. (drums) (2)
  • Tommy Barbarella (keyboards) (2)
  • Kirk Johnson (backing vocals) (2)
  • Kathleen Johnson (backing vocals) (2) (percussion) (10)
  • Eric Leeds (saxophone) (10)
  • Cynthia Johnson (back vocal) (11)

アルバム・レビュー

ザ・スティールズはミネアポリスで活動するスティール一家で結成されたゴスペル・グループで、
Graffiti Bridge辺りから度々プリンスのアルバムでコーラス隊として参加するミネアポリスで活動するスティール一家で結成されたゴスペル・グループの”ザ・スティールズ”
グループの中心人物ジェヴェッタ・スティールは、映画『バクダット・カフェ』のテーマ曲“Calling You”を歌った事で一気に知名度を上げました。
本作は、彼女のソロ・デビュー・アルバムです。

アルバムには’91年にフランスでリリースされたバージョン、そして’93年に日本も含めたワールド・ワイドのバージョンの2種類が存在。(上の写真は’93年盤)
収録曲もバラバラな上、プリンスが提供した曲が両バージョンを購入しないとコンプリート出来ないという面倒くさい仕様になっていまってます。

結果4曲提供していますが、決定的な違いは’93年バージョンの2曲はプロデュース、ソングライト、演奏と全てに関与しています。
“Open Book”はマルティカ(とリーヴァイ)がソングライターで参加、もしかすると当初マルティカのアルバムの1曲だったのが漏れたのかもしれないです。

プリンスの楽曲の他、名曲“Calling You”も収録されているのでオススメの1枚です。
 

1991年盤

ちなみに1991年盤は↓です。

 

Bagdad Cafè – Calling you

2018-06-05Related Artists'90s, P-Produce, P-Writer