Drum Fever / Jacob Armen (’95)

ジェイコブ・アーメン / ドラム・フィーバー

アルバム情報

Released:1995/8/3 | Label: NPG Records

Track List

  1. Gothic Metal (2:49)
  2. El Mambo Tigre (4:57)
  3. Jungle Jazz (4:56)
  4. Crazy Fingers (3:55)
  5. Nowhere To Be Found / Rainbow (4:13)
  6. Leias Dance (3:50)
  7. Armenian Spice (6:35)
  8. Salsa & Peppers (4:46)
  9. Giant Steps (8:32)
  10. Crash Of The Planet Earth (3:22)

Personnel

Produce

  • Albert Armen

Engineer

  • Albert Armen, Joe Shiff

Written

  • Dusty Barber, Shane Barber (1)
  • Albert Armen (2, 4, 7, 10)
  • Freddie Ravel (3)
  • Don DePaolis (5)
  • Eric Leeds (5)
  • Charles Argersinger (8)
  • John Coltrane (9)

Produce

  • Barry Dunaway (Bass) (1)
  • Dusty Barber (Guitar) (1, 4, 7, 10)
  • Shane Barber (Keyboards) (1)
  • Alex Acoony (Congas) (2)
  • Albert Armen (Keyboards) (2, 4, 7, 10)
  • Alphonso Johnson (Bass) (3, 6, 7)
  • Larry Steelman (Keyboards) (5, 6)
  • Eric Leeds (Saxophone) (5, 6)
  • Trey Henry (Bass) (8, 9)
  • Jim Hershman (Guitar) (8, 9)
  • Freddie Ravel (Keyboards) (8, 9)
  • Luca Bartoloni (Percussion) (8, 9)
  • Mark Taylor (Saxophone,Flute) (8, 9)
  • Watt Germanine (Saxophone) (8, 9)
  • Geoff Nudell,Mike Nelson (Flute) (8, 9)
  • Kevin Bradley, Ron Glass, Steve Tyler, Stu Undem (Trombone) (8, 9)
  • Adrian Willer, Andrew Sturmani, Dennis Farias, George Stone (Trumpet) (8, 9)

アルバム・レビュー

プリンスまたは1-800-NEW FUNKを除きNPG Records第一弾アーティストとなったのは、“the most frightening drummer”と称賛された当時13歳の若き天才ドラマー、ジェイコブ・アーメンのデビュー・アルバムです。

’01年2月からスタートした公式サイトnpg music clubの目玉Ahdio Show #01のオープニングを飾ったの“Gothic Metal”は正に”圧巻”の1曲です。
続くラテン・サウンドの“El Manbo Tigre”からダスティ・バーバーとのギター vs ドラムの”Crazy Finger”まで怒涛のドラム・サウンドを聴かせ圧倒された頃にエリック・リーズの共演曲“Nowhere To Be Found / Rainbow”で一息つく(といっても終盤は激しいです!)ことが出来ます。(この曲は後にNow & Againに収録)

後半もダスティと父親アルバートそしてジェイコブのギター、キーボード、ドラムも三つ巴感が凄い“Armenian Spice”やホーン隊が入って音の渦が更に広がる“Salsa & Peppers”“Giant Steps”等、最後まで圧倒されます。

プリンスは関与せずディストリビュータ的な立場ですが、そうまでしても彼を世に出したかったんでしょうね。

Drum Etude #11

収録曲ではありませんが、ジェイコブの凄さが判るパフォーマンスです。

9歳の時の映像

9歳の頃日本でパフォーマンスした時の映像