スポンサーリンク

The Cinderella Theory / George Clinton ('89)

ジョージ・クリントン / シンデレラ・セオリー

Released:1989/8/2 | Label: Paisley Park Records, Warner Bros.

Track List

  1. Airbound (4:21)
  2. Tweakin' (Featuring Public Enemy) (6:21)
  3. The Cinderella Theory (5:09)
  4. Why Should I Dog U Out? (6:28)
  5. Serious Slammin' (4:56)
  6. There I Go Again (4:56)
  7. (She Got It) Goin' On (4:27)
  8. Banana Boat Song (4:06)
  9. French Kiss (3:58)
  10. Rita Bewitched (5:00)
  11. Kredit Kard (3:47)
  12. Airbound (Reprise) (0:36)

Personnel

Produce, Arranged

  • George Clinton
  • Eric Leeds (Horn Arrenge) (2, 7)

Written

  • Tracey Lewis (1)
  • Bob Bishop, Chuck D, David Spradley, Flavor Flav (2)
  • Amp Fiddler, George Clinton (3)
  • Amp Fiddler, Dewayne McKnight, George Clinton (4)
  • Greg Crockett, Lelan Zales (5)
  • Amp Fiddler, George Clinton, Joe Harris (6)
  • Amp Fiddler, Shawn Clinton (7)
  • I. Burgess, W. Attaway (8)
  • Andre Foxxe, Dewayne McKnight, George Clinton, Steve Washington (9)
  • George Clinton, Tracey Lewis (10)
  • Clip Payne, George Clinton (11)
  • Tracey Lewis (12)

Additional Musician

  • DeWayne "Blackbyrd" McKnight, Bootsy Collins, Tracey Lewis, Andre Foxxe (guitars)
  • Bootsy Collins, DeWayne "Blackbyrd" McKnight, Andre Foxxe, Steve Washington (bass)
  • William Payne, Dean Ragland, Lelan Zales, Richie Stevens (drums)
  • Joseph Fiddler, David Spradley, Bill Brown, Greg Crockett (keyboards)
  • Anthony Jones, Darrin (Scratchin')
  • Eric Leeds (tenor saxophone)
  • Atlanta Bliss (trumpet)
  • Mike Fleming (flute)
  • Larry Fratangelo (percussion)
  • AJ (Spoons)
  • Andre Foxxe, Angela Workman, Anita Johnson, Belita Woods, Clip Payne, Darryl Clinton, Dean Ragland, Garry Shider, George Clinton, Jenny Peters, Jessica Cleaves, Jimmy G., Joe Harris, Karen Foster, Lige Curry, Louis Kabbabie, Mike Harris*, Navarro Berman, Pat Lewis, Patty Curry, Pennye Ford*, Robert "P-Nut" Johnson, Sandra Feva, Sheila Washington, Shirley Hayden, Steve Boyd, Tambra Makowsky, Tracey Lewis (vocal)

アルバム・レビュー

ジョージ・クリントンの5作目のソロ作でペイズリー・パーク移籍第一弾アルバム。
ほぼ同じ時期に制作されたメイヴィス・ステイプルズのTime Waits For No Oneは楽曲制作など全力でバックアップしましたが、ジョージ・クリントンに対してはアルバムをリリースする環境を提供するという一歩引いたスタンスですが、エリック・リーズが"Tweakin'""(She Got It) Goin' On"の2曲にホーン・アレンジとサックスで参加、アトランタ・ブリスがトランペットでアシストしています。

プリンスは関与してませんが、パプリック・エネミーが参加した前述の"Twekin'"を始めブーツィー・コリンズアンプ・フィドラー等、豪華な客演+P-FUNKの帝王とプリンスのタッグというネーム・バリュー、これだけでも十分楽しいです。

Music Video

Tweakin' (A Mix)

アルバムには参加していませんが、"Tweakin'"の12インチミックスに収録にはPaisley Park名義でプリンスがギターやキーボードなどを追加した"Tweakin' (A Mix)"など5曲のリミックスが収録。

"Hysterical"ではSexで使用したサウンド・エフェクトを使用し大胆にアレンジを施しています。

スポンサーリンク

© 2023 NPG Prince Site