Eddie M / Eddie M (’01)

エディ・M / エディ・M

アルバム情報

Released:2001/8/21 | Label: Gold Circle

Track List

  1. Intro (0:46)
  2. Baby Leave The Lights On (4:28)
  3. Zipcode (3:50)
  4. My Love Goes With You (4:00)
  5. Hey JJ (4:02)
  6. Girl To A Woman (feat.Eric Benét) (4:25)
  7. Sailin’ (4:42)
  8. What Does It Take (feat.Karyn White) (3:49)
  9. In My Dreams (4:20)
  10. Don’t Give Up On Love (3:49)
  11. Divided Soul (4:55)
  12. Not Forgotten (4:19)
  13. Outro (1:32)

Personnel

Produce, Arranged

  • Steve Barri (executive producer)
  • Eddie Mininfield, John Paris (1, 13)
  • Steve LeGassick, Michael Price (2, 4, 6)
  • Eddie Mininfield, Raymond McKinley (3, 7, 9)
  • Eddie Mininfield, Bobby G. (5,11)
  • Bobby G. (8, 10, 12)

Written

  • Eddie Mininfield, John Paris (1, 13)
  • Eddie Mininfield, Steve LeGassick, Michael Price (2)
  • Eddie Mininfield, Bobby Gonzales (5, 11)
  • Eddie Mininfield, Steve LeGassick, Michael Price (6)
  • Eddie Mininfield, Bobby Gonzales, Bill McKinley (9)
  • John Paris (3)
  • Steve LeGassick, Michael Price (4)
  • Christopher Cross (7)
  • Johnny Bristol, Vernon Bullock, Harvey Fuqua (8)
  • Bobby Gonzales (10, 12)

Musician

  • Eddie M. (alto, tenor, soprano saxophone)
  • William Mininfield (vocals) (8)
  • Michael Sims (guitar) (2-4, 6)
  • Jubu Smith (guitar) (7)
  • Rhonda Smith (bass, vocals) (4)
  • Tony Boyd (bass) (2, 6)
  • Bill McKinley (bass, drum programming, keyboards)
  • Takashi Numazawa (drums) (7)
  • Roy Campanella III (drum Programming) (4, 6)
  • John Paris (drum programming, keyboards, vocals) (1, 3, 7, 13)
  • Steve LeGassick (drum programming, keyboards) (2, 4, 6)
  • Bobby G. (all instrumental) (5, 8, 9, 11, 12)
  • Raymond McKinley (bass, drum programming) (7, 9, 10)
  • Steve Baxter (ttombone) (3)
  • Jerry Harris (keyboards) (3)
  • Tim Riley (Organ, Strings) (7, 8)
  • Satoru Shionoya (piano) (7)
  • Toni Peete (vocals) (6)
  • Angel Rogers (vocals) (10)
  • Robert Brookins (vocals) (10)
  • Jacinda M. (vocals) (13)
  • Eric Benét (vocals) (6)
  • Karyn White (vocals) (8)

アルバム・レビュー

Ward Street」から3年半振りの新作は、前作にも参加したキャリン・ホワイトの他、エリック・ベネイがゲスト・ヴォーカルとして参加。
プリンス関連ではロンダ・スミスが一曲参加、また13CATSのドラマー沼澤尚やオルケスタ・デ・ラ・ルスやSALT&SUGARで活躍したピアニストの塩谷哲の2人の日本人ミュージシャンも参加しています。

基本路線は前作の延長線にあるスムース・ジャズ・アルバムで、歌モノではエディのシルキー・ヴォイスが光る“Baby Leave The Lights On”“My Love Goes With You”の他、ハーツ・オブ・ストーンの“What Does It Take”やクリストファー・クロスの名曲“Sailin'”等のカヴァーも良いです。(”Sailin'”に関してはサビの気持ちいい部分が歌からサックスに切り替わるのがちょっと勿体無い)

メンバーそれぞれのソロ・パートが交互に入れ替わっていく“Zipcode”やシンプルなバック・トラックを使う事でエディのサックスの魅力に集中させた”Hey JJ”といったインスト・ナンバーも間に挟んでサックス・プレイヤーとしての魅力もバランス良く配置されてます。
ちなみに、 エリック・ベネイが参加した”Girl To A Woman”とキャリン・ホワイトが参加した“What Does It Take”はどちらもメインではなくサブ・ヴォーカル扱いなので、この2曲の為に購入するとちょっとガッカリすると思います。

 

Related Artists'00s, Band Member, Hornz

Posted by KID