Ultrasound / Dr.Fink (’01)

Dr.フィンク / ウルトラサウンド

アルバム情報

Released:2001/9/7 | Label: Oarfin Records

Track List

  1. Ultrasound (3:57)
  2. Ecstasy (5:09)
  3. Nobody Cried (4:34)
  4. Nebulosity (5:24)
  5. Nothin’ But A Smile (4:08)
  6. Night Flight (4:56)
  7. Cyber Monkey (4:47)
  8. Sonic Rave (5:44)
  9. I’m Gone (4:08)
  10. Save Me (4:10)
  11. Almost Funky (5:06)

Personnel

Produce, Arranged, Composed

  • Dr.Fink
  • Tom Garneau (mix) (1, 3, 5, 6, 9, 10)
  • Steve Hall (mix) (2, 4, 7, 8, 11)

Musician

  • Dr.Fink (Lead Vocals, Keybords, Drum Programming)
  • Dave Barry (Guitars) (1,4,7)
  • Star Williams (Back Vocals) (1, 3, 9, 10)
  • James Behringer (Guitars) (2, 3, 9)
  • Nurse Andra (Voice) (2, 5)
  • Cnnie Olson (Lead & Back Vocals) (6, 9)
  • Bobby Schnitzer (Acoustic Guitar) (6, 10, 11)
  • Andrusilla Moseley (Back Vocals) (10)

アルバム・レビュー

’91年にプリンスの下を離れてからは、ビートルズのカヴァー・バンドSFテーマ集、ゲーム・サウンドやサウンドトラックの作曲等を担当していたドクター・フィンク、本作はミネアポリスのレーベル〈OarFin Records〉からリリースされた"Dr.Fink名義"としては初のオリジナル・アルバムとなります。(本名のMatt Finkでは数作リリース)

セルフ・プロデュースで制作された本作は、キーボード奏者のドクターらしい打ち込み系のポップ・サウンドが収録されています。
自らヴォーカルを担当しバック・ヴォーカルにスター・ウイリアムズという女性を起用しキャッチーなファンク・ソングに仕上げたタイトル・トラックの“Ultrasound"を始め、80’Sっぽいハウス・テイストのインスト・ナンバー“Ecstasy"、ジェームス・ベリンガーのギターが哀愁を誘うミディアム・ナンバーの“Nobody Child"、ちょっと古臭いけどそこがナカナカ趣きのあるダンス・ナンバーの“Nothin’ But A Smile"等、ザ・レヴォリューション時代の頃のドクターが感じられる楽しいナンバーが続きます。
この他では、コニー・オルソンの切ないヴォーカルとラテンっぽいサウンドが魅力的なスロー・ナンバーの“Night Flight"、ロック・テイストを織り交ぜたスピード感のあるデジタル・ビートがカッコ良いインスト・ナンバー“Cyber Monkey"、重めのビートと女性コーラスをバックにドクターが渋く歌うラヴ・ソングの“Save Me"等がオススメです。

全体を通して良い意味でレトロっぽい印象を受けますが、このキャッチーなサウンドは好感が持てるアルバムです。

2018-05-14