Riot In English / Dale (’88)

デイル / ライオット・イン・イングリッシュ

アルバム情報

Released:1988/3/4 | Label: Paisley Park Records, Warner Bros.

Track List

  1. Simon Simon (4:35)
  2. Giddi Up Baby – Be Mine (4:18)
  3. Overtime (4:50)
  4. So Strong (4:30) P
  5. Love Is Hark Work (3:42)
  6. Riot In English (4:26)
  7. He’s So Typical (5:21)
  8. Ouch That Feels So Good (5:00)
  9. The Perfect Stranger (3:53)

Personnel

Produce

  • Robert Brookins (1, 2, 3, 4, 6, 7, 8)
  • Attala Zane Giles (5, 9)

Written

  • Dale Bozzio, Robert Brookins (1, 2, 6-8)
  • Robert Brookins, Gordon Jones, Tony Haynes (3)
  • Prince (4)
  • Dale Bozzio, Attala Zane Giles (5)
  • Dale Bozzio, Attala Zane Giles (9)

Musician

  • Prince (all instruments) (4)
  • Attala Zanes Giles (vocal) (1, 5, 9)
  • Robert Brookins (vocal) (1, 2, 5)
  • Keith John (vocal) (2)
  • Gordon Jones (vocal) (3)
  • Carl Carwell (vocal) (5, 9)
  • David Cochrane (vocal) (5, 9)
  • Lovely Anglin (vocal) (5, 9)
  • Ray Grady (vocal) (5)
  • Roland West (vocal) (5)
  • Lenward L. Holness II (vocal) (6)
  • Robert Brookins (drums, keyboards) (1, 2, 3, 6, 7, 8)
  • Attala Zanes Giles (drums, keyboards) (5, 9)
  • Bobby Gonzales (guitor) (2, 7)
  • Michael Landau (guitor) (2, 3, 5, 9)

アルバム・レビュー

テリー・ボジオと離婚&バンド解散で独り身になったミッシング・パーソンズの歌姫デイル・ボジオ(デール・ボジオ)のソロ・デビュー・アルバムです。
プロデューサーはソロ・アーティストとしても活躍したロバート・ブルッキンズが担当。

デビュー・シングルの“Simon Simon”はヒットしましたが、“Riot in English”“Overtime”は残念な結果となりました。

プリンスが関与したのはバック・トラックをプリンス一人で担当した“So Strong”一曲のみ(なのにシングル・カットもされず)、この曲自体はプリンス臭がする1曲なんですが他とのバランスが取れてないのが残念です。
デイルの事を気に入っていたプリンスが手を差し伸べたのでしょうが、タジャ・シヴィルグッド・クエスチョン同様ペイズリー・パーク・レコード発という”名前貸し”的な感じになってます。

Music Video