Carmen Electra / Carmen Electra (’93)

カルメン・エレクトラ / カルメン・エレクトラ

アルバム情報

Released:1993/2/29 | Label: Paisley Park Records, Warner Bros.

Track List

  1. Go Go Dancer (4:45) P
  2. Good Judy Girlfriend (1:59) P
  3. Go On (Witcha Bad Self) (4:09) P
  4. Step To The Mic (3:16) P
  5. S.T. (4:03) P
  6. Fantasia Erotica (4:36) P
  7. Everybody Get On Up (4:01) P
  8. Segue (0:29) P
  9. Fun (3:42) P
  10. Just A Little Lovin’ (4:02) P
  11. Segue (0:46) P
  12. All That (4:29) P
  13. Segue (0:12) P
  14. This Is My House (3:28) P

Personnel

Produce, Arranged, Composed

  • Prince
  • Keith “K.C.” Cohen (co-producer) (3, 9, 10, 12, 14)
  • Junior Vasquez (co-producer) (5, 6)

Written

  • Prince (2)
  • Prince, Tony M. (10)
  • Prince, Tony M., Carmen Electra (1)
  • Prince, Carmen Electra (6,9,12)
  • Prince, Carmen Electra, Monie Love (7)
  • Prince, Monie Love, Levi Seacer, Jr. (4)
  • Tony M., Levi Seacer, Jr. (3)
  • Carmen Electra, Tony M. (5)
  • Carmen Electra, Levi Seacer, Jr. (13)

Additional Musician

  • Prince (all instruments) (1, 2, 4-12)
  • Levi Seacer, Jr. (all instruments) (3, 14) (guitar) (4, 7, 10)
  • Eric Leeds (saxophone) (3, 9, 11) (sample “Adore”) (12)
  • Michael B. (drums) (4, 7, 10)
  • Sonny T. (bass guitar) (4, 7, 10)
  • Tommy Barbarella (keyboards) (4, 7, 10)
  • Rosie Gaines (keyboards) (4, 7, 10)
  • Tony M. (vocals) (4, 5, 10)
  • Atlanta Bliss (trumpet) (sample “Adore”) (12)
  • Monie Love (vocals) (4, 7)
  • Kathleen Johnson (vocals) (1)
  • Michael B. Nelson (trombone) (4, 5, 7, 10)
  • Steve Strand (trumpet) (4, 5, 7, 10)
  • Kathy J. (baritone sax) (4, 5, 7, 10)
  • Dave Jensen (trumpet) (4, 5, 7, 10)
  • Brian Gallagher (tenor sax) (4, 5, 7, 10)
  • Damon Dickson (vocal) (5)
  • William ‘Diamond J.’ Graves (scratches) (7)
  • The Steels (Fred, JD, Jearlyn, Jevetta Steele) (background vocals) (9, 14)
  • Keith “K.C.” Cohen (guitar, keyboards) (14)
  • Ohio Players (sampled) (5)

アルバム・レビュー

“Paisley Park Records発のアーティスト”としてはイングリッド・シャベイスの「May 19 1992」以来となる本作は、当時プリンスがハマってたヒップ・ホップを取り入れたアルバムになりました。

ソングライトにはカルメンの他に当時のNPGのメンバーだったリーヴァイ・シーサー,Jr.トニーM、当時イギリスでヒットしていたラッパーのモニー・ラヴ等が参加(お礼に’93年にプロデュースを受けます)しています。
脇を固めるミュージシャンにはスティールズエリック・リーズとペイズリー・パーク関連でガッチリとフォローされている辺り、いかにプリンスがカルメンに力を入れていたか判ります。

バレエ経験がありマイナーながら10代の頃から振付師として活動していただけの事はあり、自身の魅力を最大限に表現するパフォーマンスの“Go Go Dancer”はデビュー・シングルとは思えない貫禄がありました。
他にも激しいサウンドとエリックのサックスの緩急が絶妙な“Go On (Witcha Bad Self)”、モニー・ラヴがバックを務めた単調ながら耳に残るグルーヴの“Step To The Mic”、オハイオ・プレイヤーズのカヴァー“S.T.”、The Esquiresのネタを使った“Everybody Get On Up”、そして名曲Adoreを使った“All That”等、どれもノリの良い曲とバラードのバランスも良いです。
また、’88年頃から90年始めまでプリンスが付き合っていた彼女アナ・ファンタスティック(Anna Fantastic)の為に作った“Fantasia Erotica”がカルメン・バージョンとして正式リリースされました。

Music Video

Anna Fantastic Version

’18年3月にアナ・ファンタスティックが自分の為に作られたバージョンのMV素材をアップしました。

2018-05-28Related Artists'90s, P-Produce, P-Writer, Paisley Park

Posted by KID