Good Feeling / Brownmaek (’89)

ブラウンマーク / グッド・フイーリング

アルバム情報

Released:1989/9/19 | Label: Motown

Track List

  1. Bang Bang (4:57) P
  2. Shall We Dance (4:41) P
  3. Through A Friend Of Mine (4:58)
  4. Good Feeling (4:09)
  5. My Heart Misses (4:07)
  6. It’s Not The Way (3:24)
  7. Luv Touch (4:24)
  8. Cruisin’ (4:51)
  9. Between You And Me (5:25)
  10. Let’s Go All The Way (3:27)
  11. Distress Signal (4:04)

Personnel

Produce, Arranged, Composed

  • Brownmark (3,4,6-9,11)
  • Brownmark,Stan Sheppard and
  • Jimmy Varner (5,10)
  • Levi Seacer,Jr. (1,2)

Written

  • Levi Seacer,Jr. (1)
  • Prince (2)
  • Brownmark(4,6,7,8)
  • Brownmark, Levi Seacer,Jr., Robin
  • Johnson, Kim Perry(3)
  • Brownmark, Stan Sheppard and Jimmy Varner (5,10)
  • Brownmark, Levi Seacer,Jr., Kim Perry(9)
  • Brownmark,Chris Boone(11)

Musician

  • Brownmark (vocals, bass, all other instruments)
  • Prince (vocals) (1,2)
  • Levi Seacer, Jr. (all instruments, vocal) (1,2,3)
  • Margie Cox (vocals) (1)
  • Gwen Matthews (vocals) (3,4,6,7)
  • Jason Cameron (guitar) (4)
  • Mary Jane Aim (vocals) (4,6,7)
  • Jimmy Varner (kyebords) (5,10)
  • Steve Wright (trumpet) (6)
  • Maxine, Julia and Oren Waters (vocals) (7,11)
  • Demetrius Harvey, Portia Griffith and Valerie Pinkston (vocal) (8)
  • IROC (trumpet scratch) (9)
  • Yvette Brown (vocal) (9)

アルバム・レビュー

セルフ・プロデュースをしたデビュー・アルバム「Just Like That」から2年後にリリースされた本作は、プリンスを始め色んなアーティストを迎え入れたアルバムです。
今回は本人のプロデュースはモチロンの事、プリンスの片腕でNPGでもベーシストとして活躍したリーヴァイ・シーサー,Jr.やバイ・オール・ミーンズのジミー・バーナーとそのプロデューサーのスタン・シェパードを迎えています。
二人ともプリンスの元でベーシストとして活躍した仲間意識でもあるのでしょうかね。

リーヴァイがプロデュースしプリンスがバック・ヴォーカルをしている“Bang Bang”は「Graffiti Bridge」の”Tick,Tick,Bang”に良く似たベースが特徴的な曲からスタートし、プリンスが作詞した“Shall We Dance”は「Lovesexy」に収録されていてもおかしくない感じのアップ・テンポの曲です。
リーヴァイがプロデュースしたファンク・ナンバー“Through A Friend Of Mine”も彼らしいサウンドで’90年という発売時期からも「Graffiti Bridge」と同時期もしくはそれと近い頃に作られた作品だと考えられます。
同じベーシストでもリーヴァイとブラウンマークのアプローチはちょっと違い、タイトル・ソングの“Good Feeling”はベース・ラインがカッチリした感じが出ていて対象的です。
またジミーとスタンとの3人共同プロデュースの“My Heart Misses”“Let’s Go All The Way”は、他の2人とはまた違ったバラード系のナンバーを披露している事でアルバム全体の柔軟性を明確にした作品だと思います。
前作では1人で出来る事をやり、今作ではそこでの欠如した部分を補う為に新たなプロデューサーを迎える迄の彼の寛容ぶりがよく判るアルバムです。

Music Video