Day by Day, Night by Night / Brian Gallagher Quartet (’16)

ブライアン・ギャラガー・クインテット / ディ・バイ・ディ、ナイト・バイ・ナイト

アルバム情報

Released:2016/11/23 | Label: Brian Gallagher Quartet

Track List

  1. Compared to What (Live) (7:00)
  2. Actual Proof (Live) (9:11)
  3. Do Re Mi (Live) (8:54)
  4. Wayne’s Thang (Live) (12:55)
  5. When Will the Blues Leave (Live) (8:26)
  6. Seven Days (Live) (6:00)
  7. Massive Aggressive (Live) (7:38)
  8. Naima (Live) (4:16)

Personnel

Produce

  • Brian Gallagher Quartet

Written

  • Eugene McDaniels (1)
  • Herbie Hancock (2)
  • Brian Gallagher (3, 7)
  • Kenny Garrett (4)
  • Ornette Coleman (5)
  • Sting (6)
  • John Coltrane (8)

Member

  • Brian Gallagher (saxophone & flute)
  • Brian Ziemniak (keyboards)
  • Yohannes Tona (bass)
  • Peter Hennig (drums)
  • Julius Collins (vocal)

アルバム・レビュー

初代NPGホーンズのブライアン・ギャラガー率いるクインテットによる2016年1月21日にミネアポリスのthe Icehouse(アイスハウス)で行われたライブ・アルバムです。
ブライアンは同年3月3日に肺塞栓症でこの世を去ってしまいすが、残された家族はこのライブを形に残す為、6月にクラウドファンディングで資金を集め、11月にリリースされました。

参加メンバーは、2016年10月に来日を果たしたfDELUXEのメンバーとしても活躍したブライアン・ジエンニアック(key)、同じくfDELUXEの他にアン・ネズビー等のアルバムに参加しているヨハネス・トーナ(b)、ポール・ピーターソンの姉パティ・ピーターソンと仕事もしているピーター・ヘニング(d)、90年代ブライアンとGreazy Mealを結成したヴォーカルのジュリアス・コリンズが参加しています。

ジュリアスのパワフルなヴォーカルと4人のグルーヴが心地よいユージン・マクダニエルス作の“Compared to What"からスタート、ギャラガーを中心に4人のミュージシャンのテクニックが随所に光るハービー・ハンコックの“Actual Proof"、ピーターのドラムが炸裂するケニー・ギャレットの"Wayne’s Thang”、ライブが行われた前年にこの世を去ったオーネット・コールマンに捧げる“When Will the Blues Leave"、大胆なアレンジが新鮮味を帯びたスティングの名曲“Seven Days"、そしてジャズの巨人コルトレーンの”Naima”と全8曲中6曲はカヴァーで構成されています。
“Do Re Mi"”Massive Aggressive”のオリジナル2曲は、自身が作っただけあってブライアンのサックスを存分に楽しめます。

2016年は素晴らしいアーティストがこの世を去り過ぎです…