The Stone / André Cymone (’14)

アンドレ・シモーン / ザ・ストーン

アルバム情報

Released:2014/2/18 | Label: Blindtango

Track List

  1. Rock and roll (3:35)
  2. Let your sun shine (2:57)
  3. American Dream (4:21)
  4. Radio (3:04)
  5. Naked (3:37)
  6. It’s alright (3:26)
  7. One Day (4:37)
  8. If not for you (4:02)
  9. The Horseman (3:53)
  10. Mary Jane (4:43)
  11. Live life (4:32)

Personnel

Produce, Arranged

  • André Cymone
  • Joel Soyffer (co-producer)

Written

  • André Cymone

Musician

  • André Cymone (vocals, bass, guitar)
  • Latisha Baskerville (backing vocals) (1-11)
  • Stazz (backing vocals) (1-11)
  • Valerie Davis (backing vocals) (1-11)
  • Nick Adams (drums) (1-11)
  • Alberto Lopez (percussion) (2, 6, 9, 11)
  • Mike Torres (bass) (1-3, 8, 10, 11)
  • Clack Dark (bass) (6)
  • Devon Pangle (guitar) (1-3, 8, 10, 11)
  • Sharief Hobley (guitar) (1, 3, 8, 10, 11)
  • Ric’key Pageot (keybords) (3, 7, 8, 11)
  • (harpsichord) (10) (vocal) (11)
  • Enzo Villapareds (trumpet) (9)

アルバム・レビュー

’12年9月にリリースしたオバマ大統領再選キャンペーンの援助ソングAmerica、’13年7月にトレイヴォン・マーティン君の事件に対するメッセージ・ソングTrayvonと久し振りに音楽活動を始めたアンドレ。
これで火が付いたのか’13年12月クラウド・ファウンディングPledge Musicを通じて新作アルバムを制作する為に募金を募り見事目標をクリア。
翌14年2月にアルバムをリリースされたのが本作です。

ぐぃんぐぃん唸るギターが印象的なねっとり系のロック・ナンバーの“Rock And Roll"、 ブルース・ロック調の“Let Your Sun Shine"、哀愁のあるミディアム・スローの“American Dream"、70S辺りの泥臭いロック・ナンバーの“Radio"など、冒頭に書いた“America"を聴いてたら違和感無いけど80年代のアンドレから一足飛びにこのアルバムを聴くとビックリするかもしれません。

後半のフォーキーな“It’s Alright"“One Day"“Mary Jane"なんかも渋くて好きです。
初期のレニー・クラヴィッツが好きな方にはオススメの1枚です。

↓で全曲視聴できます。


 

Bounce

アルバムリリースから1年後となる2015年2月18日、アナログ盤の収録時間の関係で泣く泣くカットした"Bounce"を公開しました。