A.C. / André Cymone (’85)

アンドレ・シモーン / A.C

アルバム情報

Released:1985/8/16 | Label: Columbia

Track List

Disc 1 (Funky Town Grooves reissue)

  1. The Dance Electric (5:44) P
  2. Lipstick Lover (3:23)
  3. Pretty Wild Girl (5:15)
  4. Book Of Love (4:39)
  5. Satisfaction (5:41)
  6. Sweet Sensuality (3:53)
  7. Vacation (5:01)
  8. Neon Pussycat (5:41)
  9. On Your Back (4:21)
  10. Telephone (4:15)
  11. Checking You Out (4:32)
  12. Vacation (André Mix) (6:11)
  13. Satisfaction (Inst / Dub) (6:28)
  14. Anything (Instrumental) (1:26)
  15. Let Me Kiss The Bride (Inst) (6:58)
  16. Vacation (Instrumental) (6:13)

Disc 2

  1. Fallin’ Fallin’ (Single Version) (4:11)
  2. Fallin’ Fallin’ (Instrumental) (4:10)
  3. Red Light (Single Version) (4:58)
  4. The Dance Electric (Single Version) (4:10)
  5. The Dance Electric (Long Version) (5:38)
  6. The Dance Electric (Ext Version) (10:23)
  7. Lipstick Lover (Single Remix) (3:21)
  8. Lipstick Lover (Radio Version) (5:35)
  9. Lipstick Lover (Club Version) (7:32)
  10. Lipstick Lover (Instrumental) (3:21)
  11. Satisfaction (Single Remix) (3:53)
  12. Satisfaction (Edited Version) (4:18)
  13. Satisfaction (12″ Version) (5:56)
  14. Satisfaction (Dub Mix) (3:54)
  15. The Harder You Try (Inst) (6:48)

Disc 1の8までがオリジナル

Personnel

Produce, Arranged

  • André Cymone
  • Prince (1)
  • Hubert Eaves III (6)
  • Wayne Edwards (executive producer)

Written

  • André Cymone
  • Prince (1)

Additional Musician

  • Prince (all instruments) (uncredited) (1)
  • Wendy Melvoin (background vocals) (1)
  • Lisa Coleman (background vocals) (1)
  • Jill Jones (background vocals) (1)
  • Angel C. Rogers (background vocals) (4, 7)
  • Brenda White-King (background vocals) (6)
  • Curtis King (background vocals) (6)
  • Yvonne Lewis (background vocals) (6)
  • James Allen (percussion) (7)

アルバム・レビュー

アンドレとプリンスはバンド脱退後も険悪な状態が続きましたが、’85年にリリースされた本作でプリンスが楽曲を提供した事で一応和解はしました。
和解するキッカケとなったのは、アンドレの母親がヒットに恵まれなかった事をプリンスに話した事で実現したと言われていて、アンドレもこの件については感謝していると答えていました。
ウェンディ&リサジル・ジョーンズがバック・ヴォーカルを努めた“The Dance Electric”はいかにもプリンスらしい楽曲で、アンドレにとっても大ヒットした思い出深い1曲となりました。
(中世の怪しい民族衣装と丸縁眼鏡がプリンスらしいPVも印象的です)

この曲に引っ張られる様に、ジャネットの”Escapade”なリズムの“Lipstick Lover”や、ねっとりとしてバラードの“Pretty Wild Girl “、レゲエっぽいノリの“Sweet Sensuality”、一転してファンキーな“Vacation”とバラエティ豊かです。

アルバムはプリンスが手を差し伸べたのが話題となってヒットしましたが、このアルバムから暫くシンガーとしては休業しプロデュース業で活躍します。

Music Video

The Dance Electricのプリンス・バージョン

この曲はプリンス自身も気に入ってる一曲でライブやTVで演奏しています。

オリジナルは’84年にThe Revolutionと一緒にレコーディングしていたのですがアンドレに渡したので未発表のままでした。
しかし’17年にリリースされたPurple Rain DELUXE-EXPANDED EDITIONに未発表音源として収録されました。

2018-05-30Related Artists'80s, Band Member, MPLS, P-Produce, P-Writer

Posted by KID